山梨の温泉

 甲府昭和ICより僅か

 2㎞

 地下千㎞から

 湧き出る療養泉

温泉とはどんなもの?温泉の定義と、療養泉の規定条件について】ブログにて詳しく説明しましたが、再掲します。

療養泉とは

温泉に泉質名がつくため、また「適応症」が認められるためには、「療養泉」でなければならない。
鉱泉分析法指針で定められている「療養泉」の条件とは下記の通り、温泉の条件より厳しい。

1、源泉温度が25℃以上であること。または、
2、「溶存物質の総量」「総硫黄」「二酸化炭素(遊離炭酸)」など含有成分に関する7つの特定条件のうち1つ以上規定値に達しているもの。

例えば、総硫黄が温泉1kg中に1mg以上含有されていれば「温泉」だが泉質名はない。2mg以上含有あれば、「療養泉」と認められ「硫黄泉」と表示可能。
療養泉ですと、適応症を表示することが認められる。
単なる温泉1ミリでは成分が少ないため、泉質名をつけることが出来ない。

また「温泉の条件」にある成分が「療養泉の条件」とは違う。
「メタほう酸」「メタけい酸」「ラジウム塩」「ストロンチウムイオン」「バリウムイオン」「リチウムイオン」「マンガンイオン」「臭化物イオン」「フッ化物イオン」「ひ酸水素イオン」「メタ亜ひ酸」「炭酸水素ナトリウム」が規定値に達していれば「温泉」となるが、「療養泉」としては泉質名が無く適応症を表示出来ない。

 

療養泉の規定条件

鉱泉分析法指針(mg/kg)

溶存物質 総量1000以上
遊離二酸化炭素1000以上  CO2
総鉄イオン   20以上 Fe(2+)
水素イオン    1以上 H(+)***
よう化物イオン  10以上  I(-)
総硫黄       2以上  S(HS +H2O3(2-) +H2S対応するもの)
ラドン8.25Me111Bq以上  Rn222
以上7項目 (水素イオンのみ温泉規定と同数量。)泉温25℃加えると「療養泉8項目条件」と言われている。

温泉成分表

温泉名/物質含有泉質名湧出量pH泉温溶存
物質
遊離炭酸
CO2
mg
総鉄
イオン
Fe2+
Fe3+
mg
水素
イオン
H+
沃化物
イオン
I–
mg
総硫黄
S
HS
S2O32
H2S
ラドン
Rn
地域療養

条件
療養泉規定量
2510001,00020110
2111
竜王ラドン温泉含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉520
130×4
8.039.4
1385
520.9
0002.1777
2.76浴槽
<1000.0>
甲斐4
クレスト温泉ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉2608.136.5
1130
19.40000
0
甲斐2
山口温泉
単純温泉
439
7.736.2
0719
18.9
0.2

0
000甲斐1
玉川温泉ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉119
8.140.5
118233.40.20000甲斐2
神の湯温泉ナトリウム塩化物泉1378.446.4126919.0000.20.3023甲斐2
湯めみの丘温泉ナトリウム塩化物泉500044.3030.000000甲斐1
湯村温泉ナトリウム-カルシウム-塩化物・硫酸塩泉0908.545.8176500.2000.50湯村2
あさひ温泉
ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉198
7.9

38.2
1230
30.70.500.200韮崎2
完熟の湯単純温泉6638.448.70461000000石和1

療養泉データは下記各温泉データより抽出  ※純温泉:源泉掛け流し認定

竜王ラドン温泉 純温泉:温泉分析表 山梨県甲斐市富竹新田1300-1 055-276-9111 百名湯44
クレスト温泉  温泉分析表 山梨県甲斐市富竹新田1536−1 055-279-2929
山口温泉    純温泉:温泉分析表 山梨県甲斐市篠原477 055-279-2611
玉川温泉    温泉分析表 山梨県甲斐市玉川1038 055-276-3462 百名湯47
神の湯温泉   温泉分析表 山梨県甲斐市竜地17番 0551-28-5000 百名湯64

甲斐市温泉を療養泉基準と照らし合わせて

泉質をごらんいただければ、ほぼ同一であることが判ります。
泉温及び溶存物質量にて療養泉として成立しているのが一目瞭然です。

湧出量

玉川温泉の119リットル/分から竜王ラドン温泉の520リットル/分までさまざまです。神の湯温泉さんが以前より激減しています。

pH

山口温泉はほぼ中性、他3温泉はpH8弱アルカリ性。

泉温

ほぼ山口温泉36.2℃から玉川温泉40.5℃の範囲内となっています。

泉質

山口温泉の単純温泉は1軒のみ。
神の湯と湯めみの丘は同じナトリウム塩化物泉である。地域的に全く同じ。
あと3軒はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉である。
竜王ラドン温泉のみ、硫黄泉が付加されている。

溶存物質

山口温泉の719最低に、竜王ラドン温泉の1385最高数値。

遊離炭酸

竜王ラドン温泉のみが基準の半数以上、温泉群の中でも際だって高い。

硫黄

竜王ラドン温泉のみが硫黄泉として基準に達している。

よう化物イオン

神の湯温泉のみに微量検出されている。

ラドン

放射能泉項目のラドンは源泉では基準内だが浴槽口検査のため基準達成ならず。
神の湯温泉さんも23㏃検出ありますが療養泉は111㏃なので達せず。

※<>ラドン吸入室数値

山梨県の代表的温泉を療養泉基準と比較

療養泉データは下記各温泉データより抽出  ※純温泉:源泉掛け流し認定

湯村温泉    温泉分析表 山梨県甲府市湯村3丁目3-11 055-254-1111 百名湯55
あさひ温泉   純温泉:温泉分析表 山梨県韮崎市旭町上条中割391 0551-23-6311 百名湯69
旅館深雪温泉  純温泉:温泉分析表 山梨県笛吹市石和町市部822 055-262-4126 百名湯25

 

♨♨♨

関東・山梨県の竜王ラドン温泉

山梨県甲斐市富竹新田1300-1

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ

予約ページ

山梨,温泉,ラドン,デトックス,ラドン吸入室

おもてなし規格【トラベラーフレンドリー金認証】やまなしグリーンゾーン認証施設 竜王ラドン温泉

(ライター)専門家《湯治のプロ》早川善輝
高齢者入浴アドバイザー認定上級講師/温泉ソムリエマスター・温泉分析書マスター
日本温泉気候物理医学会・温泉科学会 会員/旅行産業経営塾 卒
Translate »
\健康へのパスポート!/
\健康へのパスポート!/