ラドン吸入室

健康!
 美しく!
  若返り!

驚異の秘泉と
 
東洋一ラドンとの融合
 
最強なる湯治効果を
 
ご体験ください

こんな症状の方におすすめします

成人病をはじめ、あらゆるお悩みの症状をおもちの方におすすめします。

ラドン療法事例
◇甲状腺疾患◇糖尿病◇自律神経失調症◇しんせん◇肋間神経痛◇三叉神経痛◇頸腕神経痛◇座骨神経痛◇メニエル病◇高血圧症◇脳血管疾患◇結核◇気管支炎◇喘息◇胃腸疾患◇肝疾患◇胆嚢疾患◇帯状疱疹後遺症◇湿疹◇じんま疹◇サメ肌◇関節リュウマチ◇関節◇椎間板ヘルニア◇脊髄性有痛諸侯群◇腰痛(含農夫症)◇急性腰痛症◇むちうち諸侯群◇夜尿症◇変形性関節炎◇骨折後後遺症◇冷え性◇打撲捻挫

ラドン温泉女ラドン温泉男

ラドン温泉とは

【ラドン発生装置により浴槽内へ安全な一定の濃度に保たれたラドンガスを送り、ラドン吸入室にて吸入あるいは、温浴中に肌より吸収するシステム】をいい、温泉の泉質名ではなく、商品名でありサウナ室と同様です。
サウナは体外より温めるのに対し、ラドンは体内より温めます。
またこのラドンと岩晶中のミネラル成分との相乗作用が血液をキレイにし、肩のこりや痛みの原因である老廃物を除去するといわれています。
ラドンよりイオン化されたやわらかな肌ざわりの湯は体の芯までよく温まり、湯冷めもしにくいです。

ラドン発生器Rn222電離作用ラドン

ラドンについて

ラドンは自然界に存在する物質中で、イオン化作用〈物質につきあたるとその物質にイオンを与える事〉を有するものです。
ラドンの適当量が温浴中に人体の呼吸により直接血液の中に、また皮膚を通して組織内に吸収されると、イオン化作用が人体の血液および組織内に働いて血液内の老廃物、すなわち血液を悪くしたり血管を早く老化させる中性脂肪、コレステロール、過剰な糖分等の生理的代謝作用が促進されるため、血液がキレイにすると同時に組織内に停滞している凝りや、痛みの原因となっている老廃物の化学反応が促進されて、すみやかに消退してゆくとともに、血液や組織内に熱エネルギーが発生しますので体温上昇の生理調整が行なわれる結果として、入浴開始後十分位で急激な発汗作用が起こり、快い温感を覚えます。

洗身

ラドン温泉の上手な入浴方法

・入浴に必ず体を洗う

・入浴前に石鹸で体を良く洗ってください

・浴槽へは5~10分くらい体調に合わせて入ってください。
ラドンは気体ですので、浴室で腰掛けているだけでも吸収されます。

・浴室から出たら、急に体を冷やさず、タオルで拭きながら自然に汗が引くのを待ってください。

・1~2時間の間隔で2回位 の入浴が適当です。
4~5日続けられますと効果がよくわかります。

ラジウム温泉の研究

昭和初期、三朝温泉にてラジウムの効能に目を付けて岡山医科大学が三朝温泉療養所を設置しました。
温泉治療の研究を行いラジウム温泉の正体はラドンであることを発見し、昭和35年ラドン療法がロシアで確立しました。
研究の結果、天然温泉では日々ラドン量は異なり、全く発生しない日もあります。
実際に湯治客さんが入浴したら病気に効いたから、一ヶ月後再度入浴に行ったのです。
ですが何日入浴しても一向に病状が変わらなかったということが頻繁にあったのです。
また、ラドンばかりで無く同位元素や他の安定的で無い元素も多く、治療には不向きであることから、天然ラジウム温泉の欠点をいかに無くすかという研究がなされ、ラドンを一定量安定的に供給することが研究されました。
ラジウム温泉の温泉郷中でもラドン濃度は各旅館ごと違い、高い施設でも浴槽ごと濃度は違います。
ラドン濃度は一定せずピンポイントなのです。
源泉のラドン濃度が高くても浴槽では全く違うのです。

ラドンは還元系には影響しない

ラドン気体、ラドン含有温泉つまりラジウム温泉(放射能泉)を計測しました。
『両者ともORPは平衡ORPを示し、温泉の本質的特徴の還元系が既に失われて、平衡系に達した結果と思われます。』(法政大学名誉教授 大河内正一)

Rn222
ph8.19 ORP[mV]471
放射能泉
ph8.05 ORP[mV]468

つまり浴槽においての放射能泉(ラジウム温泉)は「奇跡の水」ではないのです。

ラドン温泉の誕生

日本で最初のラドン発生装置システムを兵庫県淡路島・今津三郎医学博士が完成し患者の治療にあたったのです。ここでいうラドンとはRn222(ラドン)のことです。
ラジウム温泉やホルミニシスルームなどのRnとは違うのです。
現代においてラジウム温泉では掛け流しで利用できる施設を除き、ほぼ全ての浴槽では循環加熱されラドンは無くなっています。
一定量の安全なラドンガスを取り入れることを目的として【ラドン発生器】は開発されました。
気体のラドンを取り入れるカプセルがラドン吸入室であり、いわゆるラドン温泉です。
本当のラドンがあれば、数分でサウナ以上の発汗を体感することが可能です。
ラドン無ければ、又は体調が非常に悪ければ発汗はしなく、アルファ線の特徴です。
【発汗は健康のバロメーター】とも言われ、ご自身の健康状態を知ることが出来ます。
当ラドン吸入室では、「奇跡の水」を上回る驚異の秘泉へ、新鮮なラドンガスを加え、両者のメリットの相乗作用を受けることが出来るのです。類似施設は何処にもありません。

医学のラドン温泉

元日本温泉医学会代表・元埼玉医大病院長 医学博士 大島良雄
ラジウムを含んだ泉水が地下深いところで崩壊して地表に近づくと沈殿を繰り返し、そこから流れ出した泉水を、天然ラジウム温泉という。自然界でイオン化作用が最も強い働きの物質に変化する。これがラドン。竜王ラドン温泉では、二つの広い浴槽に、地下一㎞37マッヘの天然ラドンの浴室と、高性能を誇るラドン発生装置からあらゆる疾病に効果的に作用するラドンを送り込んでいる。ラドンは皮膚から、肺から、あるいは飲泉によって消化器から体内深く浸透してイオン化作用を起こす。血液がイオン化されると、血液中の尿酸や中性脂肪、コルステロール、窒素酸化物等不要な物を体外に排出し、このイオン化作用により痛みが和らげ、血液中にエネルギーが生じ、体温を高め発汗が促される。発汗は新陳代謝機能を高め、高血圧症・動脈硬化症・糖尿病・皮膚疾患・冷え性・神経痛・リューマチ・ノイローゼ・メニエル病・むち打ち症・夜尿症・痛風・喘息・痔症などあらゆる症状に対し大きな効果を発揮し、健康をよみがえらせる。
竜王ラドン温泉のラドン発生装置は、医学博士野口喜三郎先生ともに指導のもと、大きさ日本一千人用濃度87マッヘのラドン発生装置を、1979年10月ラドン開発事業団総本部にて制作されたもので、ラドンのみを抽出、ガンマー線の皆無等、優秀な発生装置である。ラドン吸入室に入るとその威力を肌で知り、目で見ることが出来る。他のセンターとは全く異なったもので追随を許さない。

Translate »