Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. ラドン温泉とともに
  4. ラドン温泉のたのもしい抗酸化力 免疫力向上へ
免疫

ラドン温泉のたのもしい抗酸化力 免疫力向上へ

ラドンのアルファ線により、ビタミンC摂取よりもよりたくさんの抗酸化力を受けることが出来ます。

免疫機能向上を簡単に手に入れましょう。そしてコロナウイルスにも負けない身体に。

全ての放射能泉に【ラドン】が存在しているわけではありません。

新鮮な、安全な一定濃度のラドンガスを、フロントにてご覧いただける大型の発生器より浴槽へ気体として送り続けています。

ラドン温泉とは、気体の温泉です。

すぐに免疫力向上をという人は、ぜひ参考にしてください。

 

「活性酸素」とは何なのでしょう!

疲れのおおもとは過剰な「活性酸素」

私たち生物が生活活動する場合、体のあらゆるところで大量の酸素を使い、その過程で「活性酸素」が発生します。

実はこの活性酸素こそが全ての疲れや老化の根源なのです。

本来、活性酸素はその強力な酸化作用により体に侵入したウィルスなどを撃退する働きがあります。

また自らの細胞に対しても強力な酸化作用で傷つけてしまうのです。

その細胞が機能を十分に果たせなくなりパフォーマンスが低下。これが疲労といわれるものです。

もっとも疲れやすいのは自律神経

交感神経と、副交感神経

自律神経には、交感神経と副交感神経の2種類があります。

私たちが活動している時に活発に働く交感神経と、リラックスしている時に活発に働く副交感神経です。

これらは互いに正反対の働きをします。

一方が優位に働いている時には、もう一方は抑制され、常にどちらかが働いています。

つまり、人間の意志とは関係なく、24時間体制で体の状態を監視し、守っているのが自律神経です。

常に動いているのでわけですから、自律神経は体の中でもっとも疲れ知らずの働き者です。

例えば汗を出して体温調整するとか、利尿作用により水分調整は自律神経の働きなのです。

 

ストレスも疲労につながる

ストレスによる疲労も自律神経の負荷によりおきます。

ストレスは自律神経を刺激し、自律神経をコントロールしている脳に負荷がかかり、酸素消費量が増加、

それに反応して活性酸素が大量に発生、神経細胞も傷つき、パフォーマンスが低下します。

 

活性酸素が増えると

・老化する。

・がん細胞が増殖。

・脳梗塞・心筋梗塞の原因となる動脈硬化になる。

・糖尿病、脂質異常になる。

・パーキンソン病、認知症の可能性になりやすくなる。

活性酸素が増加すると身体のあちこちで「炎症」が発生し、さまざまな病気を誘発します。活性酸素の発生をコントロールするものは病気を制するといっても、過言ではありません。

 

疲れの原因を知り対処。その疲労解消方法とは!

睡眠

数ある疲労回復方法の中で最も「睡眠」が効果的です。

正しく「睡眠」がとれているかが健康の鍵です。

睡眠による疲労回復効果を高めるには、睡眠の質を上げることが大事なのです。

疲れた日に、床に入った途端眠りに落ち、夜中に目を覚ますことなく、気がつくと朝、これが質のよい睡眠です。

こういった睡眠がとれるようになると、元気に毎日を過ごせます。

 

バランスのとれた食事

疲れやすい人と疲れにくい人の違いのひとつとして、体の強さがあると言われています。

体が強いほど疲れに対しても強くなるため、強い体をつくる食事による栄養が大切なのです。

栄養バランスをよく保ち、代謝機能を向上することで、体の機能は正常に保たれ、活性酸素に対して強くなります。

 

適度な運動

疲労をとるには何もせずじっとしているのでは無く、実は軽い運動をすると、数時間後には疲労回復物質が疲労因子よりも多くなりたまっていた普段の疲れにまで作用してくれます。

適度に身体を動かすといいのです。

葉の香り

科学的に抗疲労効果が認められた香りは、森林浴などに漂う「みどりの香り」が疲労回復に効果があります。

即効ですので「疲れたな」と感じたときに、森林浴とか青葉などを嗅いでみてください。

 

ぬるめのお湯に半身浴

ゆっくりと湯船につかることで血行が促進され、疲労回復に効果的です。

ここで大切なのは、ぬるめの38~40度のお湯で半身浴をするということです。

寝る時間の1~2時間前に入浴して体温を上げておくと、質の良い睡眠となります。

疲れをコントロールする

ずっと同じことばかりし続けないで何か別のことをする、気分転換は疲労の軽減になります。

デスクワークで仕事をしていて疲れたら、例えば窓の外の景色を見たり、音楽を聴いたりしてください。

集中していると脳は疲れてしまいますので、上手に気分転換をはかることも大切です。

 

自然の中でリラックス

自然の多い場所での森林浴やウォーキング、気分がスッキリして、疲れが軽くなったように感じるでしょう。

「抗酸化力」とは何なのでしょう!

抗酸化力を高め老化防止を!

老化は誰にでも訪れるものです。

40歳を超えたあたりから急に外見が変化したり、また急に四十肩や五十肩になったりしてつらい思いを強いられます。

「老化」の原因は、細胞の衰えから身体の機能が低下し、老化現象を引き起こすと判明しています。

細胞の衰えの原因には、酸化・糖化、紫外線や栄養不足があります。なかでも細胞の酸化「サビ」ともいわれ、シミやしわなどの肌の衰えや毛髪・歯の老化を進め、身体機能が低下します。

その細胞のサビつきを止めるのは、ずばり抗酸化力。抗酸化力が高ければ、老化は防げるのです。

「若返りの薬」ノドから手が出るほど欲しい抗酸化力ですが、その敵に「活性酸素」があります。

活性酸素とは、この文頭で説明しましたが、人間が呼吸して取り込んだ酸素の一部が、他の分子と結びついたもの。

一部の酸素は、自分自身の電子(+イオンや-イオン)が欠乏状態になると周りの物質から電子を奪おうとします。

この電子を奪われることを「酸化反応」といい、酸化して生まれた活性酸素はさまざまな病気の原因にもなっているのです。

「とにかく、活性酸素が悪いやつなのは分かった。では私たちはどうすればいいの?」

すぐにでも老化を食い止めたい私たちは、何に気を付ければよいでしょうか。

食事には抗酸化力を上げる力がある!

このように体内では、活性酸素を防ぐ物質もつくられています。それは抗酸化物質と呼ばれるもので、この物質の働きこそ「抗酸化力」です。

抗酸化力が高く、活性酸素を防ぐだけではなく身体の免疫力も高めてくれます。

【抗酸化力の高い食材】
・トマト、リコピンは強い抗酸化力を持ちます。

・パプリカ、色によって効果に違いがあります。

・にんじん、抗酸化成分であるβ-カロテンやα-カロテンが多く含まれています。

・ブロッコリー、ビタミン類だけではなく鉄やクロムなどのミネラル類も豊富に含み、抗酸化効果が高い。

・緑茶、カテキンが含まれ、強力な抗酸化作用と美肌効果が期待できます。

・ゴマ、ポリフェノールの一種であるセサミンが含まれるなど、栄養が豊富です。

・鮭、強い抗酸化作用を持つアスタキサンチンや、老化防止作用のあるコエンザイムQ10を含みます。

・ショウガ、辛み成分に抗酸化作用があり、生のまま食べるよりも粉末の方が抗酸化力は高まります。

老化防止は、なにより正しく栄養を摂ることが大事です。

ラドンの頼もしい抗酸化力

 

放射線の電離作用にもビタミンC摂取以上の抗酸化作用がある!

放射線はその通り道の物質にエネルギーを与えていきます。

与えられたエネルギーにより、通り道の物質の電子が弾き飛ばされます。

これが放射線による電離作用です。

物質にエネルギーを与える密度は、放射線の種類によって異なりますが、β(ベータ)線やγ(ガンマ)線に比べ、α(アルファ)線はごく狭い範囲の物質に集中的にエネルギーを与えます。

このような電離作用の密度の違いにより、同じ吸収線量であっても細胞が受ける損傷の大きさが異なります。

つまりラドンのアルファ線は透過性が無いので、表面の一部の細胞に高密度のエネルギー(熱)を与え電子を飛ばします。

また、ラジウムなどの放射線、β(ベータ)線やγ(ガンマ)線は、低い密度で電離がおこり、透過性があるので、通る細胞の全てに電離をおこし電子を飛ばします。

電離箇所

環境省「放射線による電離作用」より引用

細胞は約3分の2が水で構成されているので、放射線によって水のイオン化も起こります。

このイオン化によって生じた成分により、放射線は細胞に当たり、細胞の中にある遺伝子の本体であるDNAに傷をつけることがあります。

このついた傷は、体の中に備わっているシステムで修復されます。
少しの傷であれば修復が成功し、元に戻り他の細胞が代わりをすれば、その臓器や組織の機能障害は生じません。

DNAを傷つける原因は、放射線以外にも、食物の中の発がん物質、喫煙、環境中の化学物質、活性酸素等があり、1日1細胞当たり、1万から100万箇所の頻度でDNAは損傷を受けているといわれています。

低線量放射線による損傷、放射線による影響も、その約85%は放射線により生じる活性酸素等の影響であり、約15%が放射線による直接の損傷によるものです。

このように、放射線からも『活性酸素』を生じてしまうのです。ただしラドンの電離箇所は高密度であるため、ベーター線ガンマー線に比べたら小さいのです。

心構え:活性酸素を増やさない!

食事の面で抗酸化力を意識しても、そもそも活性酸素を増やすような生活を送っていては老化防止にはつながりません。活性酸素を増やす行動を控え、これ以上の身体の酸化を食い止めましょう。

【活性酸素を減らす行動】
・タバコを控える
タバコを吸うと、ニコチンなどの有害物質が体内に入り込み、それを攻撃するために多量の活性酸素が生まれます。

・アルコールは適量にする
活性酸素は、肝臓がアルコールを分解するときにも発生します。

・紫外線を浴びすぎない
紫外線を浴びると、活性酸素が発生します。この活性酸素はメラニン色素をつくり出し、日焼けだけではなくシミやしわなど肌の老化の原因となります。

・ストレスの少ない生活を送る
ストレスを受けると、その刺激で血液の流れが悪くなり、元に戻るときに活性酸素が発生します。これが繰り返されると、細胞の酸化が進みます。

・運動は、軽いものを継続的に
運動も抗酸化力を高めます。しかし注意して欲しいのは「強すぎる運動はかえって活性酸素をつくり出す」ことです。激しい運動で息が切れると、呼吸の量が増えて活性酸素の発生を促します。そのため、軽いウォーキングやプールでの水中歩行など、少し息が上がる程度の運動の継続が効果的です。

 

身体の仕組みが分かれば、美と健康が手に入る

老化を防ぐのは、抗酸化力を高め、体内の活性酸素を減らす行動です。

危機感を抱いている、いわゆるアラフォー以上の方は、まずは生活習慣を見直してみてください。

少し専門的な話になりますが、抗酸化力を根本から高めようと思うなら、細胞のミトコンドリア機能を高める必要があります。我々、分子栄養学・機能性医学を学ぶ人間には当たり前のことですが、ミトコンドリア機能の重要性は、一般的にはまだ語られていません。

せっかく食事や生活習慣に気を配るなら、その行動が「どう意味を持ち」「どう身体に跳ね返ってくるのか」について知ってみてはいかがでしょうか。


有名な釣りスポットがたくさんあり、満喫できること間違いなしです。

 

山梨のおすすめ温泉施設

甲府昭和ICの近く国道沿いにあります。

<駅近>中央本線 竜王駅・徒歩11分

甲斐市にあるラドン温泉_やまなし百名湯湯治に最適。

東洋一最大規模のラドン温泉と、【純温泉】A認定の天然ラジウム系源泉掛け流し温泉。

温泉は水素水に匹敵する還元水。

1日の疲れをほぐせる人気の日帰り温泉。

最強デトックスダイエット美肌に人気な女子旅

健康不治の病にもアルファ線療法ラドン療法、多くの方が訪れる健康温泉

若返り:細胞にアルファ線が直接温熱効果を与えてくれる電離作用!医学の温泉

♨♨♨

関東・山梨県の竜王ラドン温泉

山梨県甲斐市富竹新田1300-1

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ

予約ページ

山梨,温泉,ラドン,デトックス,ラドン吸入室

おもてなし規格【トラベラーフレンドリー金認証】やまなしグリーンゾーン認証施設 竜王ラドン温泉

(ライター)専門家《湯治のプロ》早川善輝
高齢者入浴アドバイザー認定上級講師/温泉ソムリエマスター・温泉分析書マスター
日本温泉気候物理医学会・温泉科学会 会員/旅行産業経営塾 卒
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
\健康へのパスポート!/
\健康へのパスポート!/