Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 温泉よもやま話
  4. 意外と知らない本当の温泉の効果・効能

意外と知らない本当の温泉の効果・効能

「温泉」とは、地下からゆう出する(25℃以上の)温水、鉱水及び水蒸気その他のガス(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)、別表に掲げる温度又は物質を有するものをいう。【温泉法 (第二項)】

別表に掲げる特定物質とは以下の物質です。

物質名含有量(1㎏中)
溶存物質(ガス性のものを除く)総量1,000㎎以上
遊離炭酸(CO2) 250㎎以上
リチウムイオン(Li+) 1㎎以上
ストロンチウムイオン(Sr2+) 10㎎以上
バリウムイオン(Ba2+) 5㎎以上
フェロ又はフェリイオン(Fe2+,Fe3+) 10㎎以上
第一マンガンイオン(Mn2+) 10㎎以上
水素イオン(H+) 1㎎以上
臭素イオン(Br–) 5㎎以上
沃素イオン(I–) 1㎎以上
ふっ素イオン(F–) 2㎎以上
ヒドロひ酸イオン(HAsO42-) 1.3㎎以上
メタ亜ひ酸(HAsO2) 1㎎以上
総硫黄(S)〔HS–+S2O32-+H2Sに対応するもの〕 1㎎以上
メタほう酸(HBO2) 5㎎以上
メタけい酸(H2SiO3) 50㎎以上
重炭酸そうだ(NaHCO3) 340㎎以上
ラドン(Rn) 20(百億分の1キュリー単位)以上
ラジウム塩(Raとして) 1億分の1㎎以上
出典:環境省

 

温泉は身体に良い効果、効能があるというのは多くの人が知っていますが、具体的にどう良いのか?と聞かれると答えられる人は少ないのではないでしょうか。

日本の文化ともいえる温泉の効果、効能について、知っていて損はないですし知っていたほうがより効果、効能を得ることができます。

意外と知らない本当の温泉の効果、効能について解説します。

 

 

温泉の効果は大きく3つ


温泉の効果は物理効果、心理効果、薬理効果と大きく分けて3つあります。

 

温泉の物理効果


物理的による効果のことで主に温熱、水圧、浮力が関係します。

温かいお湯により血行が良くなって体が温まり、水圧によって内臓が刺激されて代謝が上がり、浮力によって筋肉が緩んでリラックス状態になります。

 

温泉の心理効果


温泉地へおもむき、日常を離れた環境に身を置くことで自立神経が整います。

これを転地効果といって体がリラックスして心理的に良い影響を与えます。

 

温泉の薬理効果


温泉の成分によって得られる科学的な効果です。「療養泉」と呼ばれる温泉にはすべての泉質に共通して得られる一般適応症、泉質によって変わる泉質別適応症とがあります。

一般適応症

 

筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関
節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、
運動麻痺における筋肉のこわばり、
冷え性、末梢循環障害、
胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、
軽症高血圧、
耐糖能異常(糖尿病)、
軽い高コレステロール血症、
軽い喘息又は肺気腫、
痔の痛み、
自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、
病後回復期、
疲労回復、健康増進

出典:環境省

泉質別適応症

出典:環境省

 

温泉の治療に効果が期待できる温泉

 

物質名含有量(1㎏中)
溶存物質(ガス性のものを除く)総量1,000㎎以上
遊離炭酸(CO2) 1,000mg以上
総鉄イオン(Fe2++Fe3+) 20mg以上
水素イオン(H+) 1㎎以上
沃化物イオン(I–) 10mg以上
総硫黄(S)〔HS–+S2O32-+H2Sに対応するもの〕 2㎎以上
ラドン(Rn) 30(百億分の1キュリー単位)以上
出典:環境省

 

以上のような成分を含む温泉は療養泉といって病気の治療に効果があって湯治に適しています。温泉と比較し、より療養泉のほうが成分数が少なく含有量が多いのです。

 

まとめ

 

温泉には物理効果、心理効果、薬理効果が合って薬理効果は泉質によって異なります。

全ての温泉は人間の体にとっていい影響を与えますが、病気の治療に適した療養泉もあります。

 

おすすめ湯治宿

 

最後に、病気の治療に適した療養泉の湯治宿を2つ紹介します。

 

群馬県

四万温泉 積善館 

昭和29年に日本で最初の国民保養温泉に指定された歴史のある温泉施設、4万もの病に効くというのが四万温泉の名前の由来で昔から湯治に使われています。

 

山梨県

竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ

料金・宿泊プラン一覧

万病に効くと言われているラドン温泉施設で天然のラドン含有温泉に医療用の安全なホンモノのラドンをブレンドしているのでラドンの高い効果を体感できます。


(ライター)早川善輝
温泉ソムリエマスター・高齢者入浴Advisor認定講師・湯治のプロ
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
\健康へのパスポート!/
\健康へのパスポート!/