Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 山梨の旅
  4. 山梨観光で陶芸体験ができるおすすめのスポットをご紹介!

山梨観光で陶芸体験ができるおすすめのスポットをご紹介!

山梨に観光旅行に出かける時は、皆さんそれぞれにいろいろな目的を持ってお出かけになると思います。
フルーツ狩りで思い切りフルーツを食べたい人、フィッシングを楽しみたい人、神社仏閣巡りをしたい人…山梨は実にいろいろな楽しみ方がある観光地ですが、時間が空いたらぜひ訪れたいのが「クラフト体験」です。
中でも山梨には陶芸体験ができるスポットがたくさんありますので、旅の思い出にちょっとした作品を作るのは、とてもおすすめ。
こちらでは、山梨で陶芸体験ができるスポットをいくつかご紹介していきたいと思います。

「クラフトの里 ダラスヴィレッジ」は外せない!

山梨で陶芸体験をしたいと思ったら、まず思い浮かべるのが「クラフトの里 ダラスヴィレッジ」だという人は多いと思います。
山中湖方面にあるさまざまな手作り体験ができる施設で、陶芸のほかにも吹きガラスなどいろいろな手作り体験をすることができます。
陶芸においてはいくつかのプランがあり、小鉢やぐい呑みなど、小さな作品を作るコースと、ジョッキや一輪挿しなど少し大きめな作品を作るコースに分かれています。
いずれも電動ろくろを使うので短時間で作品を作ることができますし、専門のスタッフがそばで丁寧に教えてくれるので、初めての人でも安心です。
クラフトの里 ダラスヴィレッジの陶芸体験料金は、大人も子どもも一律。
料金体系がわかりやすいですし、子どものほうがそばにいていろいろなことを教えなければなりませんが、追加料金がかからないのはありがたいですね。
陶芸体験のほかにも、自然たっぷりの散歩コースや、バーベキューを楽しめるレストランなどがたくさんありますので、1日いても飽きない充実ぶりです。

そのほかの山梨で陶芸体験ができるスポット

山梨県山梨市にある「陶ギャラリーRoppo 六鵬窯」も、その名の通り陶芸体験ができるお店です。
こちらの陶芸体験プランは、作る作品が決まっているのではなく、30分という時間の中であれば何を作っても自由、というユニークなプログラムを取り入れています。
お茶碗を作ってもいいし、湯呑を作ってもいいし、自分の好きなものを作ることができるというのは楽しさもひとしおですね。
またファミリープランも別で用意されていますので、親子で一緒に陶芸を楽しむことも可能。
家族力では、子どもにできるだけ多くの体験をさせてあげたいと考える親御さんが多いと思いますので、こうしたプランはピッタリだと思います。

もうひとつ、河口湖近くにある「陶芸HAZUKI」も、山梨で陶芸体験ができる人気のスポットです。
こちらは、時間内であれば粘土が使い放題で自由な作品を作れるプランを用意しています。
時間内であれば大物を作ることもできますので、少し陶芸をやったことがある人なら、かなりお得に陶芸作品を作れるかもしれません。
手捻りろくろで小さなお子さんでも安心して陶芸を楽しめるプランなど、それぞれに応じた多数のプランがありますので、どんな人でも陶芸体験を楽しめること間違いなしです。

自分に合った陶芸体験プランを見つけてみよう

今回ご紹介した施設以外でも、山梨には陶芸体験ができる観光スポットがたくさんあります。
手作りは大人も子どもも楽しむことができますし、旅の思い出を形に残すことができる点も大きな魅力です。
手で土を触ると独特の感覚を覚え、気持ちが安らぐという人もたくさんいます。
山梨観光で時間に余裕があれば、ぜひ陶芸体験にも足を運んでみてはいかがでしょうか。
カップルでも、家族連れでの観光でも楽しめること間違いなしです。

 

山梨のおすすめ温泉施設

甲府昭和ICの近く国道沿い

<竜王駅近く>にあります。

関東・山梨県の竜王ラドン温泉

山梨県甲斐市富竹新田1300-1

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯ーとぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証【金認証】 やまなしグリーンゾーン認証施設です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格【トラベラーフレンドリー金認証】・やまなしグリーンゾーン認証

(ライター)温泉ソムリエマスター高齢者入浴advisor認定講師湯治のプロ 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »