Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 温泉よもやま話
  4. 快眠が出来るようになる入浴の仕方と寝る前の過ごし方
快眠入浴法とは

快眠が出来るようになる入浴の仕方と寝る前の過ごし方

温泉に癒やされにいく人も多いかと思いますが、楽しいからか意外と疲れてしまう事もあるかと思います。そんなときにぐっすり快眠が出来るような入浴方法をご紹介します。

 

身体の末端を温める

まずは手だけ入浴する「手浴」と足だけ入浴をする「足浴」があるが、特に快眠にいいのは「足浴」。
湯船に足を着けながらゆっくりするような「足浴」が良い。

この足浴をするときは温度や時間をあまり気にせずに、「気持ち良い」と思えるくらい入浴できれば良い。

 

就寝前にぬるま湯に入浴する

快眠をするためには副交感神経を刺激してリラックスする必要がある。
ぬるま湯は副交感神経を活発にさせる効果があり、温度は37~39℃くらいを目安にすると良い。
逆に42℃以上の熱い温度の場合は、副交感神経ではなく交感神経を刺激してしまうので目が覚めてしまう。

 

夕食の1時間半後、かつ就寝2~3時間前に入浴する

夕食の後におおよそ1時間半後に体温が高まるので、そのタイミングで入浴をすると良い。
人は深層体温が下がってくると眠くなってきますので、ちょうど眠る頃に体温が下がるようにすると快眠になりやすくなる。

42℃のお風呂でのおすすめは・・・3分入浴⇒休憩⇒3分入浴⇒休憩3分入浴(合計9分入浴)
40℃以下のお風呂でのおすすめは・5分入浴⇒休憩⇒8分入浴⇒休憩3分入浴(温度に応じ15~30分)

 

寝るときは暗くし、朝は太陽の陽にあたる

睡眠ホルモン「メラトニン」をコントロールする。何故かというと、暗くなるとメラトニンが分泌される。

 

夜食は食べない。遅い時間にお酒を飲まない。

食べ物を消化するのにはエネルギーを必要とする。夜食をとると体を休めるための睡眠中に消化器が働き熟睡できない。
アルコールも睡眠導入剤にはなるが、眠りそのものは浅くなる。

 

こんな工夫も

睡眠導入物質の働きを利用、枕元にスライスしたタマネギを置いたり、寝る前にミルクを飲んだりする。

朝は目覚めのために、交感神経を刺激する「42℃以上の熱いお湯」のシャワーを浴びたりする。
※朝は血液粘度が高いので入浴には適さない。

子さんもただ観光スポットを巡るよりも体験型のほうが楽しめると思いますので、ぜひ山梨旅行の際には観光スポット巡りに体験型スポットも加えてみるとよいと思います。

 

山梨のおすすめ温泉施設

甲府昭和ICの近く国道沿いにあります。

<駅近>中央本線 竜王駅・徒歩12分

甲斐市にあるラドン温泉_やまなし百名湯湯治に最適。

東洋一最大規模のラドン温泉と、【純温泉】A認定の天然ラジウム系源泉掛け流し温泉。

温泉は水素水に匹敵する還元水。

1日の疲れをほぐせる人気の日帰り温泉。

最強デトックスダイエット美肌に人気な女子旅

健康不治の病にもアルファ線療法ラドン療法、多くの方が訪れる健康温泉

若返り:細胞にアルファ線が直接温熱効果を与えてくれる電離作用!医学の温泉

♨♨♨

関東・山梨県の竜王ラドン温泉

山梨県甲斐市富竹新田1300-1

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ

予約ページ

山梨,温泉,ラドン,デトックス,ラドン吸入室

おもてなし規格【トラベラーフレンドリー金認証】やまなしグリーンゾーン認証施設 竜王ラドン温泉

(ライター)専門家《湯治のプロ》早川善輝
高齢者入浴アドバイザー認定上級講師/温泉ソムリエマスター・温泉分析書マスター
日本温泉気候物理医学会・温泉科学会 会員/旅行産業経営塾 卒
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
\健康へのパスポート!/
\健康へのパスポート!/