Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 山梨の旅
  4. 山梨観光で楽しみたいおすすめの体験型スポットをご紹介します!

山梨観光で楽しみたいおすすめの体験型スポットをご紹介します!

山梨には見どころや観光スポットがたくさんありますが、ただ見るだけではなく実際に自分が参加することで楽しめる、体験型のスポットならもっと山梨の文化を肌で感じることができますよね。
こちらでは、そんな体験型の観光スポットの中でもおすすめの2つをご紹介しています。
子どもが体験できるスポットもありますので、ぜひご検討ください。

「クラフトの里」でガラス吹き体験!

「クラフトの里」は、いろいろな工芸体験ができる施設で、ガラス吹きのほかにもさまざまな手作り体験プランが用意されています。
ガラス吹きは国内のさまざまな観光地で体験プランがありますが、クラフトの里でもやはり一番人気は「吹きガラス通常コース」です。
体験コースは3つに分かれていて、Aコースがぐい呑みや小鉢などの小さな作品を作るコース、Bコースはコップや一輪挿しなど適度な大きさの作品を作るコースとなっています。
特別コースやジョッキやタンブラーなど大きめの作品を作るコースで、大きな作品になるに従って料金も上がっていくシステムです。
制作時間は15分とかなり短いので、小さなお子さんを連れての体験も負担になりません。
制作した作品は、施設側で仕上げをして1週間前後で自宅まで配達してくれます。
さらに本格的に吹きガラスを体験したい人には、「本格コース」も用意されています。
スタッフの指導をできるだけ受けずに、自分で作品作りをしたいという人におすすめのコースです。
クラフトの里は、バーベキューができるレストランがあり、少人数から家族連れ、団体までさまざまな利用者が楽しめるシステムを用意しています。
自然も豊かで、体験スポット以外も大人から子どもまで多くの人が楽しめる施設となっている、とてもおすすめの体験型観光スポットです。

ほうとうを手作りして食べられる体験スポット

「昇仙峡ほうとう会館」では、山梨の郷土料理「ほうとう」の手打ち体験を楽しめます。
ほうとうとは、平べったいきしめんのような面にたくさんの具が入った、味噌味のお料理。
野菜をたっぷり摂ることができますし、やさしい味で毎日でも食べられる郷土料理です。
ほうとう作りのプロがしっかり横で指導してくれますので、プロ並みにほうとうを打つことができます。
こちらは事前に予約が必要で、2名から体験を受け付けています。
団体の場合は100人まで同時に体験することができますので、社員旅行などで利用するのもよいですね。
手作りしたほうとうは、持ち帰ることもできますし、その場でほうとうを作って食べることもできます。
持ち帰りコースのほうが少し料金は安めで、それぞれのコースの所要時間は30分から40分前後です。
体験プランは1日に4回開催されていて、10時、から13時までに4回行なわれます。
昼時であれば、打ち立てのほうとうを作って食べるコースがおすすめです。
せっかくだから持ち帰って自宅で食べたいという人は、昇仙峡ほうとう会館に食事処があるので、ほうとう鍋を食べることも可能です。
料理の手作りは、大人から子どもまで楽しめるイベントのひとつ。
ぜひ体験してみてはいかがでしょう。

ぜひ訪れたい観光名所をリストアップしよう

山梨県は神社仏閣や歴史の名所など、観光名所がたくさんあります。
それらを少しずつ回って行くのも楽しいですが、実際に体を使って体験できる観光スポットなら、リフレッシュしながらその土地についてより深く触れることができるのではないでしょうか。
お子さんもただ観光スポットを巡るよりも体験型のほうが楽しめると思いますので、ぜひ山梨旅行の際には観光スポット巡りに体験型スポットも加えてみるとよいと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。