Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 山梨の旅
  4. 山梨と言えば武田信玄!武田信玄ゆかりの地おすすめスポット

山梨と言えば武田信玄!武田信玄ゆかりの地おすすめスポット

山梨旅行と武田信玄は切っても切れないものがありますね。何気なく訪れた場所が武田信玄ゆかりの地ということも。
武田信玄にちなんだ観光スポットは山梨県内にたくさんありますが、こちらではその中でもぜひ訪れておきたいマストなスポットをご紹介しています。
神社仏閣が好きな人や、御朱印を集めている人にもおすすめのスポットが満載ですので、ぜひチェックしてください。

武田信玄の死にまつわるスポット

武田信玄は、病により命を落としましたが、死後の混乱を避けるために自分が死んだことを3年の間は秘密にしておくようにとの遺言を残しました。
そこで、武田信玄の死を隠したまま埋葬されていたのが、山梨県甲府市岩窪町にある「武田信玄公墓」です。
武田信玄の墓は何箇所かあると言われているのですが、ここは最初に3年間埋葬されていた場所になります。
神社ではないのでささやかな造りですが、それが返って武田信玄の死を隠し通そうとしていたことが伺い知れます。
歴史の人物の墓としてはかなり簡素で地味ですが、常にきれいに掃除がしてあり、献花が絶えることもありません。
これは武田信玄だからこそと思うファンも多いようです。

そして、死後晴れて武田信玄の葬儀が行なわれたのが、山梨県の神社仏閣の中でも知名度が高い「恵林寺」です。
武田信玄が滅亡後、織田信長によって焼かれてしまいましたが、後に徳川家康が復興しました。
武田信玄のほか、柳沢吉保の菩薩寺でおあり、門や林など、随所に厳かな雰囲気が広がっています。
お団子や信玄餅などの販売も行なわれているので、手軽にお土産を買ってしまいたいというときに便利です。
近くにほうとうがおいしいお店があるそうですので、興味がある方はぜひチェックしてみては。

武田信玄の子孫にまつわるスポット

武田信玄の死後、武田家の勢力は少しずつ衰えてしまいます。
そこで、武田信玄の子どもである「武田勝頼」が、織田信長を迎え撃つため、また領内を維持するために築城したのが、「新府城」です。
その本丸跡が、山梨県韮崎市中田町中條上野にあります。
敷地内には「藤武神社」があり、新府城の守護神として建てられたと言われています。
新府城はかなり大きなお城だったとされていて、武田家を代表する城だとされていましたが、それと共に武田家最後の城となってしまいました。
こちらのスポットは、春になると美しい桃の花が咲き乱れる観光地としても知られていますので、花が好きな人は春に訪れるのもおすすめです。

そんな新府城を建てた武田信玄の子ども、武田勝頼を弔うために建てられたのが「景徳院」になります。
北条夫人を始め、50人以上の家来の墓もあり、寺院そばには武田家と小田家が最終合戦を行った場所もあるようです。
甲州市大和町町田野にあるこの場所で、武田勝頼が自害したとも言われています。
景徳院の入り口には、武田家一行の首を洗ったと言われる「首洗池」もあり、こちらは少しわかりにくいです。電柱脇にありますので、注意して見てください。
少し物悲しくなってしまう場所でもありますが、戦国武将に興味のある人は、歴史を感じることができるでしょう。

神社仏閣を通じて武田信玄の生涯を知る

武田信玄ゆかりの地というと、やはり神社仏閣が多くなりますが、歴史を少し抑えた上で訪れると、なかなか感慨深いものがあります。
山梨県で武田信玄にちなんだ神社仏閣を回るだけでもかなりの数になると思われますので、これを機に御朱印帳を購入し、御朱印集めをするというのもよいと思います。
近隣のグルメスポットなどと組み合わせて、効率よく観光巡りを楽しみましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。