Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 山梨の旅
  4. 山梨への自由気ままに一人旅!楽しめる観光地一覧について

山梨への自由気ままに一人旅!楽しめる観光地一覧について

山梨に足を運ぶ観光客の多くが温泉目当てです。温泉にゆっくり浸かった後には観光を楽しむのが一般的です。恋人や友人や家族と一緒であるのなら一緒に楽しめるスポットに足を運べばよいものの、一人の場合はどこにいけば楽しめるかが難しいといえます。しかし、山梨には一人でも楽しめるスポットが数多く存在しているため、詳しく紹介していきます。

 

ワイン好き必見のスポット

【甲州市勝沼 ぶどうの丘】では山梨の名物であるおいしいぶどうを使ったワインを楽しめるスポットとなっています。ワインを楽しめる観光地は山梨には多いものの、注目すべきは試飲用のターヴァンを購入することによっておよそ200種類のワインが試飲し放題となる点です。気に入ったワインは売り場で購入できます。ワイン好きにとって楽しめない理由がないといっても過言ではありません。同行者がいる場合は時間の都合も気になるものの、一人の場合は思う存分ワインを楽しめるというメリットがあります。

さらに、敷地内にはワインレストランもあるため、食事とワインを一緒に楽しめるのも嬉しい要素です。天然温泉や宿泊施設も完備しており、そのまま眠たくなった場合の対応も問題ありません。至れり尽くせりの環境が整備されており、一人でも観光地として訪れる価値は大いにあります。

 

レトロな路地をゆったり歩く特別な時間

「甲州夢小路」は山梨の名物やお土産を売っている商店やご当地の食材を使ったレストランや美術館の集まる商業施設です。タイムスリップをしたかと思う小江戸感の漂うレトロの路地を歩くことで、美食を楽しめたり購入したいと思える逸品が見つかったりするかもしれません。

観光地として有名であるのは古民家を移築し、倉庫や石畳などを昔のままの建築様式を取り入れており、明治や大正の甲府城下町がしっかり再現されています。大きな茶色の塔では明治初期に住民に自国を知らせるための時の鐘も再現されています。山梨ならではの商品や食材の購入をするのにピッタリのスポットです。

 

季節ごとに異なる楽しみ方がある

「清里高原」では数多くのトレッキングコースが用意されているため、トレッキングやウォーキングを楽しみたい人にピッタリのスポットです。一人でショッピングが楽しめるとともに、カフェで落ち着きのある時間を過ごすこともできます。自然体験や拓農体験も楽しめて、望むべく楽しみを追求することができるでしょう。

そして、ウィンターシーズンではスキーやスノーボードも楽しめます。シャトレーゼスキーリゾート八ヶ岳ではアーバンムードが女性に人気です。サンメドウズ清里ではビギナーもエキスパートも楽しめるコースがあります。首都圏からの観光客も多いことからリゾートムードも高いです。小海リエックスでは初心者や中級者向けのコースが多く、滑りのテクニックをマスターしたい人にうってつけといえます。それぞれの季節ごとにどういった楽しみ方ができるのかが異なります。冬季にはアイスクライミングに挑戦するクライマーもおり、高さ30mにもなるマツカサ状に凍りついたエメラルドグ リーンの氷を見て大自然の神秘も楽しめるでしょう。それぞれの季節ごとに楽しみ方が変わるため、自分の望む楽しみができるかどうかを事前に確認するのがおすすめです。

 

まとめ:

山梨への自由気ままに一人旅の最大の目的が温泉である場合でも、同時に観光も楽しみたいと思うでしょう。同行者と一緒に楽しめるスポットが多数存在するとともに、一人であっても楽しめるスポットも多いです。それぞれのスポットで特徴は大きく異なります。自分に合っているスポットがあるかどうかをまずは確認してみましょう。また、季節ごとに楽しみ方が変わるスポットもあるため、季節に応じての楽しみ方も事前に把握しておくべきです。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。