Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 山梨の旅
  4. 山梨の観光でアウトレットモールへ!より楽しむための攻略術とは

山梨の観光でアウトレットモールへ!より楽しむための攻略術とは

米国から流入した流通の新業態であるアウトレットモールは買い物を楽しみたいと思う人にとって魅力的な要素がたくさんあります。山梨の観光でアウトレットモールに足を運ぶ人も少なくありません。しかし、ただ足を運ぶだけでは徒労に終わってしまうかもしれません。より楽しむための攻略術を身につけて満足ができる時間にしましょう。

 

山梨のアウトレットモールの魅力

「八ヶ岳リゾートアウトレット」は八ヶ岳の広大な自然の情景を楽しみながらショッピングができるアウトレットモールです。山梨の観光で足を運ぶ人も少なくありません。広大な敷地の理を活かして7つのエリアに分かれています。スポーツアウトドアや生活雑貨、山梨の食材をふんだんに使ったレストランなどがあります。70ものショップがあるため、充実してショッピングを楽しめるでしょう。四季折々の大自然のなかで南アルプスや八ヶ岳を眺望しながらリラックスしてのショッピングを楽しめるのが大きな魅力となります。

「BEAMS OUTLET八ヶ岳」ではブランドファッション、シューズ、スポーツアウトドア、雑貨などを取り扱うショップがあります。特にメンズレディスのカジュアルウェアはフォーマルからビジネスウェアまでバリュエーションが豊富です。広大な自然を眺めながら花や植物を見て楽しむこともできます。のんびりとした時間を過ごしながらのショッピングはまた格別で、山梨の観光地巡りの候補にするのがよいでしょう。

 

体力勝負である自覚を

山梨は広大な敷地を有するのが特徴の地域です。都市部に比べると店舗ひとつの間口が広いため、体力勝負の側面があります。アウトレットモールに足を運んだものの、疲れて思うようにショッピングができなかったという経験がある人もいるでしょう。せっかく山梨の観光で欲しいものをお得な価格で購入できるチャンスであるため、歩きやすい靴を履くようにしましょう。小さな子供がいる場合はベビーカーを持参するのも大切です。土日祝日は混雑によって在庫切れになることも少なくありません。

そして、まずお目当てのショップに直行しましょう。あれもこれもと目移りしてしまうと、多くの時間が割かれて疲れやすくなってしまいます。どうしても気になる商品は取り置きするという方法もあります。また、試着室は混雑することも多いため、着脱に適した服装を心がけましょう。さらに、それぞれのショップでは入り口付近に一押し商品や格安の商品が並んでいるので、まずは入り口中心に物色するのがおすすめです。

 

移動に関しての注意点

山梨の観光でアウトレットモールに行くときには、道路渋滞を考慮しましょう。駐車場に入るために長い列ができて大幅に時間のロスにつながることも少なくありません。山梨のアウトレットモールの場合は観光客の利用が多いため、土日祝は特に混雑が予想されます。

道路渋滞を避ける最も確実な方法は公共交通機関を利用することです。最寄り駅からシャトルバスも出ており、直行バスも運行されています。旅行会社が催行するバス旅や鉄道旅の場合は個人で手配するよりも安くなる可能性もあります。日帰り旅を満喫しながらショッピングを楽しむのもひとつの方法です。

 

まとめ:

山梨にはいくつものアウトレットモールが存在し、観光のときにお得な価格で魅力的な商品を対象購入したいと考える人も多いです。しかし、数多くのショップがあるため、目移りして疲れてしまうこともあります。何を購入したいのかを事前に考え、お目当てのショップに足を運びましょう。土日祝は特に混雑することが予想されるため、道路渋滞を避けるために公共交通機関を利用するのが確実です。より楽しむためには事前の準備が肝心となります。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。