Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 山梨の旅
  4. 大人でも子供での楽しめる山梨のアウトドア観光地一覧

大人でも子供での楽しめる山梨のアウトドア観光地一覧

多くの山々に囲まれる自然が豊かな山梨県の代表的観光地となるのが富士五湖や昇仙峡などです。しかし、ほかにも魅力的な観光地はたくさんあります。アウトドアを楽しみたいと思う人にピッタリといえるスポットも少なくありません。気持ちを洗われる景色を楽しみつつ、特別な時間を送れる山梨のアウトドア観光地をピックアップしていきます。

 

5つのエリアそれぞれの楽しみ方について

「白州・尾白の森名水公園べるが」は山梨での観光地としても名高く、面積がおよそ6万坪という広大な敷地を有し、森と水との触れ合いを楽しめるのが魅力的な公園です。また、5つのエリアに分かれており、それぞれのエリアにおいて楽しみ方が異なるのも注目点になります。リバーサイドゾーンではウォータースライダーが用意されており、大人と子供が一緒になって楽しめるでしょう。また、散策路では自然が豊かな尾白川沿いのせせらぎを楽しめます。フォレストゾーンにも1週1㎞の森の散策路があります。のどかで落ち着きのある時間を求める人にピッタリといえます。さらに、露天風呂もバーベキュー場もあるため、山梨でアウトドアを楽しみたいと思う人にとって魅力的です。

セントラルゾーンでは天然水の採水場があり、総合案内所もあります。また、ハンモックの森でも自然を存分に楽しめます。ソルトスパゾーンには天然温泉やレストランや親水地があり、天候が悪いときも安心です。キャンピングゾーンはキャンプをしたいと思う人に適した設備が整っています。季節ごとにイベントも随時行われており、家族で楽しめるイベントが中心です。家族連れでも大人同士でも気兼ねなくアウトドアを楽しめる環境が整っています。大型連休時や夏休み期間以外は無料で利用できるのも魅力的です。

 

清々しい気分になれる渓谷

「尾白川渓谷」は尾白川沿いに形成された渓谷であり、いくつもの滝や渕を堪能できるのが魅力的なスポットです。渓谷の最深部を流れる不動滝は一度目にすれば圧巻といえる景色であるのが分かるでしょう。神蛇滝は釜を作りつつ3段になって流れ落ちる姿が印象的な滝です。それぞれの滝や渕には異なる魅力があるため、散策をしても飽きることなく楽しめます。

渓流沿いの散策コースはおよそ2.5㎞あります。のんびりと落ち着きのある散策の時間は日常を忘れるに十分といえる時間となるでしょう。マイナスイオンをたっぷり浴びて清々しい気持ちになるのは、間違いありません。紅葉の美しさも注目すべき点であり、山梨での思い出に残るワンショットを撮れるかもしれません。

 

最高峰の自然体験ができる

「THE HIGHEST PEAK」では洞窟探索、登山、自転車ツアーといった最高峰自然体験ができます。アウトドアを楽しみたいと思っても、楽しむ方法や環境が整っていないと難しい部分もあるものです。普段の生活では難しい貴重な体験ができて、大人でも子供でも思い出に残る時間となるでしょう。体力に自信がないという人も問題ありません。

特に洞窟探索の時間は目が見えず水滴の落ちる音しかしない、不思議な空間です。岩の上の氷柱に触ることもできて、短い時間ながらも思い出深い時間となるはずです。すべてのプログラムは初心者でも上級者でも楽しめるため、気兼ねなく自分にあった内容を選択できます。

 

まとめ:

山梨は自然が豊かな地域性を活かしてのアウトドア観光地が多数存在しています。室内で楽しめるスポットに足を運ぶのがひとつの方法ではあるものの、外で自然を堪能しながら過ごす時間もまた格別です。それぞれのスポットには異なる魅力があるため、それぞれが興味関心のあるスポットを選択すれば問題ありません。普段はできない貴重な体験をすることで、日常を忘れて純粋に楽しむことができるため、参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。