Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 山梨の旅
  4. 山梨県の観光スポット、河口湖周辺のおすすめを知りたい!

山梨県の観光スポット、河口湖周辺のおすすめを知りたい!

リード
山梨県にある河口湖は、富士五湖と呼ばれる富士山麓にある5つの湖の中の1つです。面積は富士五湖の中で2番目の大きさを誇り、その周辺は観光地としても開発されてきました。広い湖と、森の静かな空気は日常生活で疲れた人がのんびりとリラックスするのにも最適です。様々な魅力あふれる河口湖周辺の観光スポットについて紹介します。

 

天上山から雄大な自然を満喫しよう

山梨県と言えば富士山を思い浮かべる人も多いでしょう。その富士山麓に位置する河口湖周辺は、散歩をしたりサイクリングするのにも適した場所ですが、少し別の角度から見てみるのもよいものです。「河口湖天上山公園 カチカチ山ロープウェイ」に乗れば、標高1,075mの高さまで3分間で辿り着くことができ、雄大な湖と富士山が広がる景色を楽しむことができます。

公園内にある展望台には「天上の鐘」と呼ばれるハート型のモチーフに取り付けられた鐘があり、正面に雄大な富士山の姿を見ながら鐘を鳴らすことができる人気のスポットになっています。

カチカチ山ロープウェイという名前はウサギとタヌキが出てくる有名な昔話「カチカチ山」が由来になっています。カチカチ山の舞台となった場所が天上山で、最後にタヌキが泥の舟と共に沈んだ場所が湖だったことからこのような名前になったそうです。そのため、周辺には昔話のシーンから取ったウサギとタヌキの像が置かれています。

ロープウェイで空から見下ろす河口湖、目の前に広がる富士山の雄大な自然を感じてみてはいかがでしょうか。

 

オルゴールの音色に癒される

河口湖のほとりに、扉をくぐればまるでヨーロッパにいるような景色が広がるのが「河口湖オルゴールの森美術館」です。この施設は中世ヨーロッパをイメージして作られており、中にはオルゴールホールやショップ、レストランなどが並びます。富士山の姿も見ながらゆっくりと施設内を巡ってみましょう。

オルゴールの森美術館の見どころは、その名前にもなっているようにアンティークで豪華なオルゴールです。100年以上も前に作られた自動演奏機も展示されており、時間によってコンサートも行われているので時間が合えば聞いてみましょう。また、「オルガンホール」はホール全体が巨大なオルガンになっており、演奏が始まると部屋の空気全体を大きく震わせるほど迫力のある音を響かせてくれます。こちらもぜひ生で聞くことをおすすめします。館内だけでなく、外の施設もフォトジェニックな場所がたくさんあります。ヨーロッパの雰囲気を楽しみながら記念撮影をしてみてはいかがでしょうか。

 

ご当地グルメを味わったり、お土産を買おう!

観光の楽しみの1つに、その土地の名物料理があります。山梨県のご当地グルメと言えば郷土料理の「ほうとう」です。味噌風味の汁に小麦粉で作られた太く平らな麺、野菜や肉などを入れて煮込んだほうとうは、どこかホッとするやさしい味が特徴です。

山梨の郷土料理として全国的に有名なほうとうの他にも、湖の名産として「かっぱ飯」も人気です。かっぱの名前があるように、温かいご飯の上にキュウリの浅漬けと長芋のすりおろしをのせた料理はサッパリとしているのでバテやすい夏場におすすめです。その他、お土産には山梨県らしい富士山をモチーフにしたグッズやお菓子なども販売されていて人気です。観光の思い出としてお気に入りのお土産を見つけましょう。

 

まとめ

山梨県の河口湖周辺は、富士五湖の中でも早い時期から観光地化が進んできたエリアです。そのため、様々な施設があり見どころには困りません。周辺にはサイクリングコースや散策しやすい道もあるので、何となく日常生活で疲れてしまったという人や自然に触れて気分をリフレッシュしたい人にもおすすめです。山梨県に観光で訪れた際には河口湖周辺の観光プランも考えてみてはいかがでしょうか。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。