Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 山梨の旅
  4. 山梨を観光しよう!雨の日でも平気な屋内のスポットを紹介

山梨を観光しよう!雨の日でも平気な屋内のスポットを紹介

リード
せっかく旅行に出かけても、天気が悪く思うように観光を楽しめなかったという経験をしたことは誰にでもあるでしょう。そこでおすすめなのが、天候に左右されずに楽しめる観光スポットです。屋内であれば雨が降っていても関係なく見て回ることができるので、あらかじめ晴れの日のプランと一緒に雨の日用の予備のプランに組み込んでおくのもよいでしょう。山梨にある、屋内でも楽しめる観光スポットを紹介します。

 

日本でも有数のワインの生産地山梨を楽しもう!

国産ワインの生産地として有名な山梨県にはワインの醸造所もたくさんあります。中には見学や試飲が出来る施設もあるので、雨の日のプランに採用したり、おいしい物めぐりをしたいという人におすすめです。「勝沼ぶどうの丘」は、丘という名前がついているので屋外の施設のようなイメージがありますが、この施設の地下にはワインカーヴがあり、様々なワインを楽しむことができます。タートヴァンと呼ばれる試飲専用の容器を1,100円で購入すればおよそ200種類にも及ぶワインを好きに試飲することができるのでワイン好きの人にはたまりません。

ワインを楽しんだら、ぜひ一緒に楽しみたいのがグラスです。「葡萄工房ワイングラス館」では美しいワイングラスが並び、見ているだけでも楽しめます。ここではグラスに絵付けをしたり、オリジナルアクセサリーを作ることができる体験教室もあるのでお土産に作ってみてはいかがでしょうか。

 

山梨県立リニア見学センター

鉄道や交通に興味がある人やお子様にもおすすめの屋内で楽しめる施設として、「山梨県立リニア見学センター」があります。ここには次世代の高速鉄道と呼ばれる超伝導リニアについての模型や展示物が並んでいます。この施設は開通すると東京から名古屋までをおよそ40分で移動が可能になるという、リニア中央新幹線の実験線があるすぐそばに建てられています。そのため屋内にはラウンジやテラスがあり、運がよければそこから試験走行をする本物のリニアの姿を見ることができます。また、館内には日本で唯一時速500kmの速度を出したことがある試験車両の本物も展示されています。リニアシアターでは映像と振動で時速500kmとはどのようなものか体感することができます。

リニアについての展示がある「どきどきリニア館」から徒歩1分のところには「わくわくやまなし館」という山梨県の観光情報やお土産を紹介している施設もあるので、観光情報を入手したい人やお土産を買いたい人に便利です。ここでしか販売されていないリニアのグッズもあるので好きな人は必見です。

 

シャトレーゼ白州工場

お菓子やアイスで有名なシャトレーゼの工場も山梨にあります。工場見学は事前予約が必要ですが、工場は屋内なので天候に左右されずに楽しむことが可能です。シャトレーゼの白州工場は山梨の豊かな自然に囲まれており、清らかな水があるためアイスクリームや餡子にも利用されています。

工場内では餡子やアイスが作られていく様子を見ることができます。全体でおよそ1時間の内容ですが工場見学のプランにはアイスの試食も含んでいます。お菓子が出来上がっていく様子を楽しんだ後は、試食エリアで早速シャトレーゼのアイスを楽しみましょう。

 

まとめ

天候に左右されない屋内の施設は、雨の日のための予備プランとして調べておくのもよいですし、工場見学のように予約をしてじっくり楽しむ方法もあります。山梨県は豊かな自然に囲まれており、その自然を活かした観光スポットが数多くあるので、目的やメインで回るエリアに合わせて予定を組みましょう。美味しいワインや名産品も多いので食べ歩きや飲み比べをメインにした旅行もおすすめです。屋内でも楽しめるスポットは他にもあるので、ぜひ観光を楽しんでください。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。