Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 山梨の旅
  4. 秋の山梨を観光しようと考えている人におすすめスポットをご紹介

秋の山梨を観光しようと考えている人におすすめスポットをご紹介

リード
秋は山梨が最も美しくなる季節と言っても、過言ではありません。鮮やかに色づく木々と、雄大な富士山とのコントラストはまさに壮麗。SNS映えもばっちりで、写真を取りたくなること間違いなしです。そんな山梨の秋に楽しめる観光スポットをご紹介しましょう。

 

河口湖

湖畔からの秋の富士山を観光するなら、まずここがおすすめだ。近くのもみじトンネルは、周囲に植えられたもみじをくぐるように通ることから、もみじトンネルと呼ばれている。真っ赤な紅葉と青い空、静かに佇む河口湖、裾野まで見える富士山が見え、秋の河口湖を代表する場所。 写真スポットとして大人気だ。

天気に恵まれたなら、レンタルボートを借りて、ゆっくりと湖上を回るのもおすすめ。11月中に毎日開催されている「富士河口湖紅葉まつり」 では日没頃から午後10時までライトアップも行っていて、夜の紅葉を見たい・撮りたい方は必見。周辺は飲食店やお土産屋などの出店もされていて、会場内のステージでは期間中様々な催しが行われる。秋に行くなら絶対に抑えておきたい観光スポットだ。

 

昇仙峡

全国観光地百選で渓谷の部第1位、平成百景で第2位を受賞した絶景の渓谷。主峰である「覚円峰」はその昔、澤庵禅師の弟子・覚円が狭い頂上で修行したことが、その名の由来となっている。花崗岩でできた断崖や色々な形の奇岩・奇石と清流、峻険な渓谷、そして赤や黄色に色づく紅葉とのコントラストはまさに秋の絶景。

遊歩道や、アーチ状になった長潭橋からの眺めも抜群だ。昇仙峡ロープウェイに乗り、展望台とパワースポットを観光するのも良い。写真に興味がある人なら、ウッドデッキテラス「天空乃杜」がおすすめ。昇仙峡のシンボル覚円峰や渓谷美を間近に望む、絶好の撮影スポットだ。時間があれば、水晶宝石博物館クリスタルサウンドで様々な鉱石や水晶たちを眺めたい。

また、周囲には名物のほうとう鍋を楽しめる飲食店がいくつもある。こちらでは目だけでなく、お腹も満たすことができるだろう。

 

桔梗屋甲府本館

甲府市にある、銘菓桔梗信玄餅で全国に名を知られた菓子店の本店。明治から平成にわたる桔梗屋の歴史を見ることができ、桔梗信玄餅発売当初、工場ではなく手作りで作っていた頃の模型や、第二次大戦後復員した三代目中丸幸三が全財産を入れていた財布などが展示してある。

また、桔梗信玄餅誕生の地・若松町(現青沼)は当時芸者街として有名だったことにちなみ、吹抜けの天井には30年以上前の芸者の手ぬぐいの現物が飾られている。壁には昔、お菓子作りに使用した木型が展示され、甲府市の旧家の家紋や武田神社の落雁を作る際に使用した武田菱などさまざまな木型が見もの。

「手作りお菓子工房」は昔ながらの手作業での菓子作りの妙技をじっくり見学でき、出来立てのお菓子も味わえる。  「工芸菓子美術館」では、お菓子の材料で作った芸術作品「工芸菓子」の展示が好評だ。帰りにはもちろんお土産菓子を買うこともでき、人気の観光スポットだ。

 

まとめ

秋の山梨と言えば何よりも紅葉だ。紅葉と富士山、空や湖の赤と青のコントラストの美しさは筆舌に尽くしがたい。そして、秋の味覚も楽しみの一つ。山梨名物であるほうとう鍋は、肌寒くなってきた秋冬にこそ食べたい一品だ。もっちりとしたほうとうと、きのこや人参などの野菜がたっぷり入った鍋は食べごたえ抜群なのにヘルシーで、大人から子供まで楽しめる。さらに山梨といえばフルーツ。採れたてのぶどうや、新酒のワインも見逃せない。ちょっぴり大人のお土産としてぴったりだ。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。