Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 山梨の旅
  4. 知られざる魅力がたっぷりで人気がある山梨でたっぷり遊びましょう

知られざる魅力がたっぷりで人気がある山梨でたっぷり遊びましょう

リード
山梨には、まる1日遊びながら過ごせるような楽しい観光スポットがいっぱいあります。親子で、兄弟で、カップルで、友達同士で…。老若男女問わず、自然の息づく街・山梨をたっぷりと遊び、観光し、忘れられない思い出を作りましょう。

 

山梨県立愛宕山こどもの国

標高428mの緑豊かな愛宕山一帯に広がる自然公園、それが山梨県立愛宕山こどもの国だ。自然に囲まれた場所で、子供たちとたっぷり遊びながら、観光することができる。園内の自由広場では、地形を生かした様々な巨大遊具が設置されていて、子供たちの人気の遊び場。

なわとび・けん玉・コマ・竹馬・輪なげ・フラフープ等、懐かしの玩具も置いてあり、自由に遊ぶことができる。 変形自転車広場では、日常生活ではまず見かけることのない、変わった形状の自転車が無料で開放されている。3人乗りや4人乗りなどの大型自転車に友達同士で乗ってみたり、イルカ型やカート型の自転車に乗ってみたり、変わった漕ぎ方の自転車に乗るなど、様々な種類の自転車で楽しむことができる場所だ。 自由広場の北側にあるライオンの池では春季・秋季は幼児用手漕ぎボートを、夏季は水遊びを楽しむことができる。

 

富士すばるランド

「家族で一日遊べる」を掲げる富士山麓のテーマパーク。レジャースポットとしても、観光スポットとしても人気だ。ドッグランコーナーではレンタル犬も受け付けており、可愛い犬たちと触れ合ったり散歩したりして遊べる。丸太などを用いた「アスレチック」や「ボックルの森 立体迷路」など、木のぬくもりを感じられる遊び場も豊富。
 
「SL森林鉄道」は、木漏れ日の中をゆったりと進むSL型の鉄道で、富士山の自然をたっぷりと感じることができる。「ロールグライダー・ポッポルのスカイウォーク」 は、富士山の樹海を眼下に眺めながら空中散歩できるダイナミックなアトラクションだ。パターゴルフ場では、全18コースのパターゴルフが親子でもカップルでも楽しめる。その他、ジャンボすべり台やスカイトランポリンなど、全身を使って遊べるアトラクションがいっぱい。

お腹が空いたら、レストランのテラスで、自然に囲まれながらのバーベキューをしよう。ダッチオーブンやスモーカーなどの本格的なアウトドアメニューを、手軽に楽しむことができる。

 

富士急ハイランド

山梨で観光し、遊ぶと言ったら、絶対に外せないのがここだ。特筆すべきは、絶叫系アトラクションの多さ。「FUJIYAMA」 は、宙返りのない王道コースターとして、最高速度は130km / h、最大落差は70mと、今でも世界最高クラスのスペックを誇る“キング・オブ・コースター”として大人気。

 「鉄骨番長」は、4本のワイヤーに取り付けられたブランコが上昇や下降を繰り返しながら水平回転する回転ブランコ。ブランコ型アトラクションとしては、日本初登場かつ日本最高のスペックを誇り、最高時速は51kmに達し、高さは50m超えと、とてもブランコとは思えないスリルを体感できる。

 「絶凶・戦慄迷宮~収容病棟篇~」 は、全長900mもある世界最大級のホラーハウスだ。かつて、患者に対して惨い人体実験が繰り返されていた隔離病棟跡地という設定で、無残な死を遂げた患者の亡霊たちが踏み入るものを恐怖に陥れる。ホラーには耐性があるというあなたも、思いっきり叫びたい!というあなたも、ぜひ一度遊んでみてほしい。

 

まとめ

山梨で観光し、遊ぶと言ったら、絶対に外せないのがここという場所が多い。山梨の観光スポットは、ただ遊べると言うだけでなく、緑や自然と触れ合える施設が多いのが最大のポイントだ。富士山の雄大な姿と、清々しい空気を満喫しながら、日常を忘れたっぷりと観光し遊んでほしい。

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。