Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 温泉よもやま話
  4. 温泉の薬理効果、自律神経、カロリーについて
薬理効果

温泉の薬理効果、自律神経、カロリーについて

温泉にはミネラル成分が豊富に含まれており、お湯に浸かると皮膚からミネラル成分が浸透して薬理効果が得られます。
飲泉可能な温泉では口から直接ミネラル成分を摂取し、より優れた薬理効果が期待できます。

温泉には薬理効果だけでなく物理効果もあり、お湯に浸かると自律神経のバランスが整います。
ぬるめのお湯に浸かると副交感神経が刺激され、交感神経と副交感神経のバランスが整います。

全身を温かいお湯に浸かるとカロリーが消費され、ダイエットにも繋がります。
お湯の温度は41度から42度が適温で、肩までお湯に浸かるのがコツです。
42度のお湯に10分間浸かって全身浴をした時の消費カロリーは約80kcalであり、ジョギングをした時と同程度のカロリーを消費できます。

 

薬理効果とは

温泉の成分を皮膚から吸収することにより得られる効果。
温泉は含有成分により「療養泉」と認定され適応症表記が認められている。
浴用そのものによる効果一般適応症(温熱効果)と泉質別適応症(薬理効果)が期待できる。
泉質により効果は異なる。薬理効果は単純泉を除く9泉質の効能。

泉質別適応症

泉質別適応症

 

 

泉質別適応症(薬理効果)

塩化物泉>切り傷、火傷、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病 慢性消化器病、慢性便秘
炭酸水素塩泉>切り傷、火傷、慢性皮膚病、慢性消化器病、糖尿病、痛風、肝臓病
硫酸塩泉>動脈硬化症、切り傷、火傷、慢性皮膚病 慢性胆のう炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風
二酸化炭素泉>高血圧症、動脈硬化症、切り傷、火傷 慢性消化器病、慢性便秘
含鉄泉>月経障害 貧血
硫黄泉>慢性皮膚病、慢性婦人病、切り傷、糖尿病(硫化水素型)、高血圧症、動脈硬化症 糖尿病、痛風、便秘
酸性泉>慢性皮膚病 慢性消化器病
放射能泉>痛風、動脈硬化症、高血圧症、慢性胆のう炎、胆石症、慢性皮膚病、慢性婦人病 痛風、慢性消化器病、慢性胆のう炎、胆石症、神経痛、筋肉痛、関節痛

 

自律神経

泉温による自律神経のはたらきの違い

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」がある。
「交感神経」は心臓などの動きを活発にさせる「動」の神経で、体を「緊張」「興奮」させる。
「副交感神経」は、緊張、興奮を抑える「静」の神経で、体を「リラックス」させる。

自律神経は、熱い湯では交感神経のスイッチが入り、ぬるい湯では副交感神経のスイッチが入る。
交感神経のスイッチはいる高温浴にて「活力」を得て、副交感神経のスイッチのはいるぬるめの温泉にて「湯治」を体感。

 

消費カロリー(入浴による)

1回の入浴による消費カロリーは、80kcalと言われている。
消費カロリーについて考えると、入浴での消費量は意外に大きい。
入浴と運動を組み合わせると、効果的なダイエットが期待できる。

各運動で80kcalを消費するのに必要な時間

●入浴:10分
●水泳、テニス:15分
●ジョギング:20分
●ラジオ体操:30分
●自転車:40分
●歩く:50分

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。