Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 温泉よもやま話
  4. 必見!美肌効果の高まる温泉の入り方
美人の湯

必見!美肌効果の高まる温泉の入り方

温泉は日本の観光名所の1つであり、優れた健康・美容効果があると言われていますが、ポイントを押えることでより美肌効果を高めることができると言われています。
まず温泉に入るときはかけ湯をして身体の汚れを落としましょう。
お湯をかけることで汚れを落とす以外に、お湯に含まれている成分になれさせるという意味も含まれています。
かけ湯をした後もすぐ首までお湯につかるのではなく、身体に負担をかけすぎないためにも始めは半身浴から行ない身体をお湯になれさせることが美肌へのポイントです。
お湯の温度は全体的に熱めに設定されているのが大半ですが、場所によってぬるい所があるためその場所で身体を慣れさせていくと良いでしょう。
温泉に含まれている成分の効果を高めようと、長湯をする方も多いと思いますが無理をして長時間入っていると逆効果になることがあるため、10分を目安に休憩と入浴を繰り返すようにしましょう。
脱衣所に水が飲める場所がある場合は、水を飲むことで水分補給にもつながります。
お湯の成分によっては入浴しているだけで身体の汚れを落とす効果に優れている成分が含まれている場合があります。
普段より長めの入浴でお肌に負担がかかっているためいつもよりも優しく洗うのが美肌効果を高めるポイントです。

 

美肌効果の湯

温泉には、美肌効果のあるものがたくさんある。
温泉の泉質により、毛穴の汚れをとったり不要な角質をとったりしてくれる「乳化作用」がある。 つまり、肌の表面をとかす効果。
特にこの美肌効果が高い泉質は下記の通り。
♦炭酸水素塩泉(クレンジング効果)
◆硫酸塩泉(肌の蘇生効果)
◆硫黄泉(シミ予防効果)
◆PH7.5以上(クレンジング効果)ex.(弱)アルカリ性単純温泉
◎「塩化物泉」も塩分の“温泉パッゲで肌を守る(しっとり肌効果)という意味では美肌効果がある。

炭酸水素

炭酸水素

 

美人の湯の基本

「美人の湯」とは、「乳化作用」という肌の表面を溶かす作用により「ツルツル&美白」になる。
泉質によって、保湿効果、血行促進効果、肌の蘇生効果など色々な効果がある。
さて、温泉成分の作用で美肌になることは認められているが、「適応症」には「美肌効果」という項目は無い。
つまり温泉分析書上では、「美人の湯」は無い。
「切り傷」「皮膚乾燥症」従来の適応症では「火傷」「慢性皮膚病」の適応症がある泉質は、 肌のケアができると考えられる。
特に「塩化物泉」は、「肌を覆う効果」(潤い効果)があるので、「ツルツルの後のケア」ができる泉質だ。
いずれにしても、一般的に言われている「美人の湯」は泉質名で判断する。
「炭酸水素塩泉」(クレンジング効果)、「硫酸塩泉」(肌の蘇生効果)、「硫黄泉」(シミ予防効果)を「三大美人 泉質」と呼ぶ。
またPH7.5以上の(弱)アルカリ性の温泉も美肌効果があるから、「(弱)アルカリ性単純温泉」(クレ ンジング効果)を加えて「四大美人泉質」と呼ぶこともある。

当、竜王ラドン温泉の泉質は、
ナトリウム-塩化物炭酸水素塩泉(低張性・弱アルカリ性 温泉)つまりトリプル美人の湯

 

美人入浴法

 温泉では体を洗うのは入浴してから

温泉、特に上記の美肌効果の高い温泉では、体を洗ってから入浴するのでなく、入浴してから体を洗う。
温泉入浴により、不要な角質や毛穴の汚れをとりやすい状態になる。

※ただし、マナーとして汚れている部分を洗ってから入浴すること。

 体は手で洗う

温泉で角質や毛穴の汚れがとれやすい状態をつくり、体は手で洗う。
ポデイソープや石鹸を手にとって体を洗えば0K。
温泉の刺激を受けるので、タオルでゴシゴシこするのは刺激が強すぎ、肌を傷める場合がある。

 

美肌洗顔法

「美人の湯」(美肌の湯)は不要な角質や毛穴の汚れをとりやすい状態をつくる。
そこで「美人の湯」の力を借りて、顔をきれいにする。
浴槽からでなく、新鮮な湯口の温泉を桶にとり、そこにタオルを浸し軽く絞ったら、蒸しタオルのように顔にかぶせる。
または、同じく湯口から桶にとった温泉で朝の洗顔のように顔を温泉で洗う。
洗顔フォームでの洗顔。
手で洗うのはもちろんのこと、体を洗うよりさらにやさしく、ゴシゴシこすらず、触る程度に洗顔す。
「やわらか洗顔」を心がける。

美肌効果

美肌効果

 

「あがり湯」は新鮮な温泉で

温泉には、皮膚の表面に膜をつくり、保湿する効果がある。
また、入浴後も温泉成分は肌に浸透する。
シャワーなどで温泉成分を洗い流し水道水(お湯)でのあがり湯はしない。
あがり湯は温泉の湯口から桶で新鮮なお湯をとり、適温に冷ましてがら肩からかける。
ただし、酸性泉などの刺激の強い温泉は、シャワーなどで、温泉を流した方がよい。

 

保湿剤は入浴直後に塗る

風呂からあがると同時に肌の水分は蒸発する。保湿剤を塗る時は、部屋に帰ってからゆっくりとなど と考えず、風呂あがり後すぐ、入浴後10分以内に塗る。
乾燥肌の方は特に心がける。
「三大(四大)美肌泉質」の後に「塩化物泉」の温泉に入り、「塩のパック」で肌を守るのも有効。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。