Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 温泉よもやま話
  4. 意外な温泉用語について、抜け道など
温泉掛け流し

意外な温泉用語について、抜け道など

日本では温泉を「温泉法」によって定義しています。湧出する温度が25℃以上であるか、温泉法第2条別表に掲げられている19種類の物質のうち、1つ以上規定値を満たせば温泉法上の温泉となります。天然温泉を人工温泉等との違いを明確にするため温泉表示制度を策定し「より自然度が高いという印象を与える」天然温泉と記載表示しました。

 

源泉100%・天然温泉100%

温泉の利用形態で最も自然度が高い印象を与える強調表示。公正取引委員会では、湧出した温泉を加水・加温・循環・濾過することなく利用する場合にのみこの表記が使用できる。なお、この表記を使用する場合は、合理的根拠の提出を求められ提出できない場合は不当表示に当たる可能性が指摘されるが、果たして守られているのだろうか。確実に加水で無ければ入れない源泉温度の浴槽でも、よく源泉100%とか天然温泉100%とか表示がある。

 

加水・加温

源泉から湧出する温泉に水を加えて浴槽に注湯すること。加水の目的としては、高温源泉の場合水を加え冷却、低温源泉の場合熱水やボイラーにての加温、湧出量の少ない場合に水を加える増量、源泉の成分を薄める希釈に分類できる。特に高アルカリ性の温泉については、利用許可を出す条件として希釈が義務づけられる場合もある。加水を加温実施している場合は、その状況とその理由を明示することが義務付けられている。 下記ろ過循環も含め表示義務違反の施設は非常に多い。

 

循環式・循環濾過式

浴槽に常時新湯を注入することなく浴槽内の湯を吸引等により浴槽外に出し再び浴槽に戻して再利用する方式。濾過器等を通して汚れやゴミ等を除去している場合は循環濾過式、濾過器が無い場合は循環式となる。入浴等によって浴槽の湯が減少した場合、断続的に新湯を注入している場合もある。注入する新湯については、温泉ではないことを明示すれば温泉以外の水源を利用することが可能。

ローリー温泉

文字通り源泉の場所からタンクローリー車で運んで注水している温泉。注入頻度も明示無し。ろ過循環、加温で温泉成分全く無くなってしまっても温泉表記は可能。都市型スーパー銭湯や健康ランドではこの方式利用が非常に多い。正確な鮮度は不明、一度入れてしまえば判らない。

源泉引き込み

1つの源泉よりパイプで何軒へも分湯したり、配管距離が何キロに及ぶ場合もある。まだローリー温泉よりは多少でも常時温泉が引き込まれている点は良い。(量は別問題として)

タンクローリー

タンクローリーにて温泉を運ぶ

 

放流・循環併用式(放流一部循環濾過方式)

浴槽に常時新湯を注入して溢流(オーバーフロー)させているが、溢流した湯または浴槽内の湯を吸引等により浴槽外に出した湯の一方または両方を濾過器等を通して汚れならびにゴミ等を除去し、再び浴槽に戻して再利用する方法。注入する新湯には、温泉ではないことを明示すれば温泉以外の水源を利用することが可能。また、温泉を利用する場合においても、温泉への加水および加温は可能ですが、その実施状況と理由の明示が義務付けられている。

 

温泉かけ流し(温泉完全放流式)源泉かけ流し(源泉完全放流式)

浴槽に常時新湯を注入して溢流(オーバーフロー)させ、溢流した湯を再び浴槽に戻して再利用しない「かけ流し」の状態で、注入する新湯については温泉を利用義務あり。
また、単に「かけ流し」と謳うよりも自然の状態に近い印象を与える強調表示であるため、温泉へ加水することは出来ない。
なお、公正取引委員会では成分の変化が少ないという観点から加温に関しては可能だが、実施している場合はその状況とその理由を明示することが義務あり。
源泉完全放流式と同義語。

 

源泉100%かけ流し(源泉100%完全放流式)

常時浴槽に新湯を注入して溢流(オーバーフロー)させ、溢流した温泉を再び浴槽に戻して再利用しない「かけ流し」の状態、注入する新湯については温泉を利用。
また、「源泉かけ流し」と謳うよりもさらに自然の状態に近い印象を与える強調表示であるため、温泉への加水・加温はいずれもすることは出来ない。源泉100%完全放流式と同義語。

浴槽での温泉の使われ方により、使用できる用語とできない用語があることを理解の事。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。