Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 温泉よもやま話
  4. 温泉のメカニズムってどうなってる?
火山

温泉のメカニズムってどうなってる?

効能によっては万病に効くと言われる温泉ですが、そもそもどういうメカニズムとなっているのでしょうか。
火山性温泉、非火山性温泉、特殊な温泉に大きく分類されます。
非火山性温泉は、海岸温泉、深層地下水型温泉、化石海水型温泉、グリーンタフ型温泉があります。
特殊な温泉には活断層による温泉、有馬型温泉、放射能泉があります。

 

火山性温泉

最も一般的に知られているのが火山性の温泉。
火山地帯ではマグマが溜まっており、マグマが地中にある地下水を温め、地表に湧き出たものを火山性温泉と言う。
マグマや地中の成分がお湯の中に入っている効能として形成されます。

文字通り火山の影響を受けてできた温泉、熱源が主にマグマ。地下になればなる程温度が上昇する。
酸性泉硫化水素型の硫黄泉

 

非火山性温泉

地熱によって温められた地下水が適度な温度となったものを非火山性、或いは深層地下水型とも言う。非火山性のものは化石海水型、つまり海水の成分によるものもある。
地面から湧き出たもので尚且つ上記成分量を超える場合、それは法律上温泉という扱いとなる。

海岸温泉

現在の海水が主な成分となっているが、まったく海水と同じ成分では温泉と認められない。当然海の近くに多く、塩化物泉であることがほとんど。

深層地下水型温泉

太古の海水が「原料」となった温泉。化石燃料を想像させるような独特な臭いがある。

グリーンタフ型温泉

太古の海底火山の影響で岩石に閉じ込められた海水成分が現在の循環水に溶け出してできた温泉。
硫酸塩泉塩化物泉が多い。

大地から温泉

大地から温泉

 

特殊な温泉

活断層にともなう温泉

断居の摩擦熱で循環水が温められた温泉です。

有馬型温泉

非火山地帯にあり塩分濃度が高いなどの特徴を持った温泉が「有馬型温泉」と呼ばれて、その代表格は、兵庫県有馬温泉存在する数は少ない。

放射能泉

放射線物質「ラジウム塩」や気体の放射線物質 「ラドン」を含んだ温泉。

 

まとめ

大きく分けると火山性のものとそうでないものとで分かれるが、法律では成分量の問題さえクリアすれば、どれだけの効能があろうとなかろうと、それは温泉というカテゴリーに分別される。
以上がメカニズムとしての内容。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。