Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 温泉よもやま話
  4. いろいろな入浴方法があります
足浴

いろいろな入浴方法があります

ひと口に入浴として挙げられる方法ですが、様々あります。
日本人には馴染みの深い温泉の入浴法についても、全身浴、部分浴などが有名です。
方法種別にしても、サウナに通うやりかたもありまし、
自宅での健康入浴法とか温泉の楽しみ方の違いにより多種様々に及びます。
例えば、美人入浴法、ダイエット入浴法、快眠入浴法、トレッキング、スキー・スノーボード後の超疲労回復入浴法、スポーツのための入浴法、冷え性改善入浴法、二日酔い入浴法、認知症予防入浴法、リンパマッサージ入浴法、万病予防入浴法、願望実現入浴法、腰痛予防入浴法とか【おもしろ入浴法】があります。

 

自分が心地よい入浴がベスト

入浴の目的ですが、リラックスして、疲れをとることが重要であると思っている方が大半。
また、サウナの全身浴はダイエット効果が期待できると確信している方も多い。
このように入浴方法は、個人々に適したやり方を見つければO.K.。
人によっては高温の湯に浸ることが健康によいと考えている方もいる。
入浴する際の湯の温度についてだが、入浴事故に遭わぬよう熱すぎないように心がける必要がある。
温泉地を訪れる方は、その温泉がどのような効き目があるかを、あらかじめ旅行案内やホームぺージで確認することが大切になる。
特に女性や高齢者にとっては温泉情報は役立つことは間違いない。

 

全身浴

肩まで風呂につかる一般的な入浴法。
42℃程度の温泉に肩までつかると確かに気持ち良く、本来の入浴スタイル。
温泉の場合、効果的に薬理成分を体に吸収させるには、この全身浴が有効。
また下半身の血液を押し上げるボンプアップ効果もあるので、マ、ソサージ効果もあり、むくみ改善デトックス効果もある。
消費カロリーが大きく、ダイエット効果もある。

但し心臓に過度に負担をかけたり、のぼせやすく長湯できないので、「分割浴」などの工夫が必要。
薬理成分のない自宅での入浴なら、心臓への負担が少ない「半身浴」の方が安全。

全身浴

全身浴

 

半身浴

上半身は涼しく、下半身は温かくという健康増進法がある。
下半身をしっかり温めつつ、心臓への負担を軽くしたのが「半身浴」。
浴槽に段差がある場合、そこに腰掛けると、下半身だけが温泉につかる状態になる。
この入浴法を半身浴という。

 

寝浴

風呂の構造が許せば、浅い風呂に首から下を温泉につけ、寝た状態で温泉につかる「寝浴(寝湯)」は、全身浴の気持ち良さがありながら、心臓への負担が軽く理想的な入浴法。
ただし、気持ち良さゆえに寝てしまって、必要以上の長湯になることに注意しならない。
下半身への水圧は小さいので、むくみ改善には全身浴、半身浴、浮遊浴の方がいい。

半身浴

半身浴

 

浮遊浴

浴槽縁に頭をのせ膝を曲げて足の裏を浴槽の底につけ、体が浮いたような状態をつくり入浴する。
心臓がより水面近くになるので、水圧負担が小さくそれでいながら肩までお湯に浸かる。

 

足浴・手浴(部分浴)

半身浴、寝浴、浮遊浴以上に体への負担が少ないのが、体の-部のみを湯につける「部分浴」。
循環器系
に負担をかけず温熱等による効能を得ることができる。
怪我や病気などで入浴できない場合にも有効。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。