Blog

伝えたいこと
   そのままに。

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 温泉よもやま話
  4. 快眠できる入浴法は?
快眠入浴法とは

快眠できる入浴法は?

温泉に癒されにいく人も多いかと思いますが、楽しいからか意外と疲れてしまう事もあるかと思います。そんなときにぐっすり快眠が出来るような入浴方法をご紹介します。

 

身体の末端を温める

まずは手だけ入浴する「手浴」と足だけ入浴をする「足浴」があるが、特に快眠にいいのは「足浴」。
湯船に足を浸けながらゆっくりするような「足浴」が良い。
この足浴をするときは温度や時間をあまり気にせずに、「気持ち良い」と思えるくらい入浴できれば良い。

 

就寝前にぬるま湯に入浴する

快眠をするためには副交感神経を刺激してリラックスする必要がある。
ぬるま湯は副交感神経を活発にさせる効果があり、温度は37~39℃くらいを目安にすると良い。
逆に42℃以上の熱い温度の場合は、副交感神経ではなく交感神経を刺激してしまうので目が覚めてしまう。

 

夕食の1時間半後、かつ就寝2~3時間前に入浴する

夕食の後におおよそ1時間半後に体温が高まるので、そのタイミングで入浴をすると良い。
人は深層体温が下がってくると眠くなってきますので、ちょうど眠る頃に体温が下がるようにすると快眠になりやすくなる。

42℃のお風呂でのおすすめは・・・3分入浴⇒休憩⇒3分入浴⇒休憩3分入浴(合計9分入浴)
40℃以下のお風呂でのおすすめは・5分入浴⇒休憩⇒8分入浴⇒休憩3分入浴(温度に応じ15~30分)

ぬる湯に入浴

ぬる湯に入浴

 

寝るときは暗くし、朝は太陽の陽にあたる

睡眠ホルモン「メラトニン」をコントロールする。何故かというと、暗くなるとメラトニンが分泌される。

 

夜食は食べない。遅い時間にお酒を飲まない。

食べ物を消化するのにはエネルギーを必要とする。夜食をとると体を休めるための睡眠中に消化器が働き熟睡できない。
アルコールも睡眠導入剤にはなるが、眠りそのものは浅くなる。

朝は熱いシャワー

朝は熱いシャワー

こんな工夫も

睡眠導入物質の働きを利用、枕元にスライスしたタマネギを置いたり、寝る前にミルクを飲む。

朝は目覚めのために、交感神経を刺激する「42℃以上の熱いお湯」のシャワーを浴びたりする。
※朝は血液粘度が高いので入浴には適さない。

 

山梨県で人気の 竜王ラドン温泉 湯~とぴあ

山梨県甲斐市にある竜王ラドン温泉は湯治に最適、東洋一の最大規模「1000人用ラドン温泉」と、天然ラジウム系温泉・源泉掛け流しのぬる湯&美人の湯&還元度が水素水に匹敵する【炭酸水素塩泉】との融合。1日の疲れをほぐしていただける落ちつきを大切にした人気の宿。日本旅館協会 シルバースター登録旅館 おもてなし規格認証2018【金認証】旅館です。

ラドン温泉ホテル湯ーとぴあ
予約ページ
竜王ラドン温泉

おもてなし規格認証2018【金認証】 もしもの時安心なBCP策定旅館

(ライター)温泉ソムリエマスター・高齢者入浴アドバイザー認定講師 早川善輝

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

Translate »
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。