医学の温泉

ビジネス利用に最適な宴会付き「吸う温泉」がある旅館

昭和時代
Pocket

ビジネス関係でも活用できる上質な温泉&吸う温泉と、盛り上がれる宴会付きの旅館をお探しの場合には、湯ーとぴあを考えてみると良いでしょう。食事も豪華な宴会コースもあり、日帰り・宿泊も選択でき、リラックスした時間を過ごすことが出来ます。日帰りは朝10時から、宿泊は15時からチェックインができます。もちろん朝から日帰りにて入浴していて、夕方宿泊に切り替えても、追加宿泊代金のみで朝までゆっくり入浴を楽しむことができるのです。宿泊にはビジネスにも様々で、洋間(ベッド)が良かったり、日本間(布団)がよかったり様々に対応いただけます。

 

 

レトロな雰囲気情緒あり昭和時代を楽しめる旅館

 

 

昭和の趣をそのまま受け継いだような旅館は、その懐かしさや落ち着けるムードが魅力となっており、日々の忙しさを忘れ、ゆったりとした気分を楽しみたい時にはうってつけです。余分なサービスも気配りもありません。だから気安く利用できスタッフへも話しかけができるのだと思います。大きな120畳もある宴会場を使えるので、親交を深めたりするのにも良いでしょう。食事も予算に合わせて選ぶことが出来、グレードを上げる毎にどんどん豪華になって行きます。アルコール飲み放題プランも利用できるので、場を盛り上げるのにはぴったりでしょう。ソフトドリンクの飲み放題は、元から付いてきますのでお得です。山梨県で残る風習として、無尽にも活用できるでしょう。ちなみに、こちらの舞台はツービート(北野たけし)さんがオープン時に1週間初公演していただいた歴史ある舞台です。芸能目指す方には運がつくかもしれません。

 

 

東洋一の吸う温泉、ラドン温泉は絶品

 

 

湯ーとぴあの売りと言えば、この名物のラドン温泉となります。ここのラドン温泉の浴槽は日本一・東洋一最大クラスとされており、かけ流し100%で楽しむことが出来ます。ラドン泉の効能は多岐にわたり、疲労回復や老廃物の除去効果から、ヘルニア、怪我の後遺症、糖尿病等にも効果が期待できるとされています。ゆったりと広い温泉で、ゆっくりと日頃の疲れやストレスを癒やすにはうってつけでしょう。体の芯からしっかりと温まり、また、お湯からあがった後も湯冷めしにくいのも特徴です。お湯に浸かるのは苦手という場合でも、ラドンは浴室に入って呼吸しているだけで吸収されます。温泉好きは勿論、温泉が苦手という方にも効能を得ることが可能です。「吸う温泉」ですから。

 

 

ゆっくりできる色々な宿泊コースが選択できます

 

 

宿泊コースは複数用意されているので、リーズナブルな素泊りからお手軽料金の食事付きも選べ、ビジネスでの利用にも適したものとなっています。勿論、より豪華なプランも用意されていますから、ニーズに応じて、色々な使い方が可能でしょう。宿泊コースによっては入浴料がサービスになるので、こちらも魅力となります。朝8時半までの朝風呂も楽しむことが出来るでしょう。お部屋のタイプは、洋室と和室に分かれており、好みに合わせて使い分けられます。館内設備はゲームセンターやカラオケ(日曜日のみ)、喫茶店もありますから、楽しいひとときを過ごせるはずです。駐車場は400台ものスペースがあるので、団体利用も十分対応できます。

洋間ツイン客室402:003

洋間ツイン客室

ビジネスシーンでも使えるのが湯ーとぴあの魅力です。ラドン温泉で仕事の疲れを癒やし翌日へ疲れを繰り越ししません。昭和の雰囲気でゆっくり寛げる、趣のある旅館となっています。費用の方は団体割引があるので、大人数で利用したい時には、お得でしょう。

 


この記事を書いた人
ライター:♨som RIE
温泉や健康などに関するライター
「身体と心を健康に」ライフスタイルを提案

関連記事一覧

  1. 美人の湯
  2. ラドン温泉男性天然温泉
  3. イオン化作用は最大なラドン温泉

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

最近の記事

  1. 昭和時代
  2. 和室12畳間客室313-002
PAGE TOP
Translate »