ラドン温泉とは?放射能を含むというのですが・・・

ラドン発生器
Pocket

ラドン温泉とはいったいどのような温泉なのでしょうか?中にはどこかでラドン温泉という看板をみかけたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、ラドンという言葉はあまり聞きなれない言葉です。この記事ではラドン温泉の概要について書いていきます。昭和47年に誕生し、昭和50年代に爆発的なラドン健康ブームが巻き起こった中心的な施設の温泉なのです。

 

 

ラドン温泉は天然温泉を超えた優秀安全な人工温泉です

 

 

ラドン温泉とは、放射能泉に分類される人工的な温泉です。同じ放射能泉の仲間にラジウム温泉がありますが、こちらは天然のものです。放射能というと、福島の原発被害のことを思い出しますし、人体にものすごく悪い危険なものというイメージがあります。そんな放射能が温泉になっているというのは一体どういうことなのでしょうか?実は、放射能は通常は危険なものなのですが、ごく微量の放射能を浴びた場合、逆に人体に有効に作用することが知られています。この効果については、ホルミシス効果と言われています。ラドン温泉は、この効果を狙って、放射能を含むラドンガスを浴槽内の水に送って溶け込ませたものです。
いろいろな放射能・放射線がありますが、このラドンだけが放射能の中で唯一『効能』があると認められているのです。
「害は無いの?」という質問や疑問があると思いますが、害は無いのです。ラドンという物質はガス状の気体です。一番安定性があり他の物質と結びつきません。また人体に入り30分にて90%3時間にて99.2%排出されてしまうのです。体内に残りません。また放射線はラドンはアルファ線なのです。アルファ線自体一番透過力の無い放射線で紙にて遮断されてしまいます。体内に入っても細胞膜をも通過できないのです。

これらの特性を最大限に発揮できるように人工的に制作されているのです。また新鮮なほどラドンは安心でき、ガンマー線皆無のシステムを提供されております。この点が岩盤浴とも違い、家庭用ラドン発生器やホルミシスルームとも大きく違う点であります。身体に害があるとされているガンマー線すべて遮断されているのです。

放射線の種類

放射線の種類

 

ラドン温泉で得られる効果

 

 

ラドン温泉に入浴することでさまざまな効果が期待できますが、まず血流がよくなり老廃物を排出し新陳代謝を高めてくれます。このことで細胞が活性化し自然治癒力が高まります。 ラドンのイオン化作用で細胞に熱を与えてもらえます。つまり基礎体温の上昇です。
ラドンの効果の例として、よく鳥取県の三朝温泉があげられます。三朝温泉は、ラジウム含有量において世界でも数少ない日本でも有名な名湯ですが、現在では半数は放射能泉では無くなってしまっております。岡山大学医学部付属の三朝医療センターが長年にわたって調査研究してきているのですが、 同大学医学部の御舩政明先生のグループは、37年間のデータを分析し、三朝地域の住民のガン死亡率が全国平均の約50%以下ということを発表しています。住民は温泉に入らなくても、この地域の土壌・岩盤から発生するラドンから影響を受け、このようなよい結果をもたらしたのではないかと考えられています。また、他効果は下記表を参照ください。高濃度ラドンは肺がん自然発生室を35%減少させます。

ラドン効果

高濃度ラドンは肺がんの発生率を35%定価させる

 

ラドン温泉(吸う温泉)に効果的な入り方

 

 

ラドン温泉に行くとお湯の温度がぬるめに設定されている場合が多いことに気づきます。これは、適しているのが熱めのお湯ではなく、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かる入り方とされているからです。なぜかというと、呼吸や皮膚を通してラドンをしっかり体内に吸収させるためです。ラドンはお湯に含まれているだけでなく、湯けむりにも含まれていますから、皮膚からだけでなく呼吸からも吸収されます。ですので、できるだけゆっくり入った方が吸収する量が多くなるのです。できればこの時、吸収率の高い鼻呼吸で、しかも深呼吸にすることで、肺の奥までしっかりラドンを届けることが出来ます。

ラジウム温泉ですとゆっくりと時間をかけて入浴しますが、ラドン温泉の場合は10~15分入浴することでとめどと無く汗が出ます。健康な方ほど汗がでるのです。「発汗は健康のバロメーター」とも言われております。これなら病気や高齢の方でも負担がかかりません。そして血行が良くなり、新陳代謝が行なわれてたまっていた老廃物が汗となって出ていきます。この入浴吸入を一日に何回か繰り返すのです。そうすることにより身体の細胞全体にラドンの効能が届き活動活発化されていくのです。

ラドン温泉例

ラドン温泉ではラドンを浴槽下部よりブクブクと送り込んでいます。

ラドン温泉は、微量の放射能を含み、この微量の放射能がホルミシス効果という健康にプラスになる効果をもたらしてくれます。10~15分の入浴することで、皮膚と呼吸を通して体に負担なくラドンをしっかり取り込むことができ、健康効果を期待できます。最後にホントウの新鮮なラドンがある施設は僅かしかありません。天然のラジウム温泉にもラドンは含まれていますが浴槽においては極僅かしか残存しておりません。誇大広告に惑わされないよう入浴をお楽しみ下さい。

 


この記事を書いた人
ライター:♨som RIE
温泉や健康などに関するライター
「身体と心を健康に」ライフスタイルを提案

関連記事一覧

  1. 富士山/登山
  2. 炭酸水素塩泉
  3. ラドン温泉で疲労回復

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
Translate »