1. HOME
  2. ブログ
  3. 湯~とぴあラドン温泉はpH8のアルカリ性源泉掛け流し

湯~とぴあラドン温泉はpH8のアルカリ性源泉掛け流し

美人の湯
Pocket

ゴールデンウィークや週末などの休日を利用して、温泉で気分転換をしたいと言う方が多いですね。 温かい湯に浸かっていると、疲労回復とともにリフレッシュ効果も得ることができます。 特に湯~とぴあは美肌効果が高いと人気の温泉施設です。ラドン温泉はアルカリ性で源泉掛け流しの安心して入ることのできる天然温泉です。

 

 

アルカリ性温泉は美肌に良い美人の湯

 

 

湯~とぴあは、ナトリウムやカルシウムなどのアルカリ金属類のミネラルを多く含む弱アルカリ性の温泉です。 pH値は7.5から8なので、石鹸のようにぬるぬるとした肌触りの温泉です。
実は、アルカリ性の温泉は美肌にとてもいい作用があるといわれています。 その理由は、アルカリ性の湯が肌の表面にある皮脂、毛穴の頑固な汚れをきれいに取り除いてくれるからです。 また、固い角質を柔らかくする事で、不要な角質をスムーズに剥がすこともできます。 そのため、肌の新陳代謝が良くなり、お肌がツルツルスベスベになり、美人になる温泉と言うわけです。 

 

 

食後や飲酒直後には温泉に入らない

 

 

湯~とぴあの温泉施設にはさまざまな効能がありますが、入浴方法を間違えてしまうと逆に体調を崩してしまう可能性もあります。 温泉で絶対に気を付けなければいけないことは、食後にすぐに入らない事です。 例えば、アルコール等のお酒を飲んだ後に温泉に入ると、身体の血流が通常よりも良くなりすぎてしまいます。 その結果、心臓に負担となります。
それと、食後は満腹状態なので、食べ物を消化するために血液が胃腸に集中しています。 そんな時に入浴すると、身体の表面の血流がよくなるために、消化器系の血流が悪くなります。 つまり、消化不良に陥って気分が悪くなることがあります。 このような点から、飲食後すぐに温泉を利用しない方が賢明です。

 

 

温泉の利用後には

 

 

温泉利用後には、健康や美容の為にいくつか注意すべき点があります。 まず、湯船から上がる際は、ゆっくりと出ることが大切です。 というのも、急いで急に立ち上がった場合、血圧の急激な変化で立ちくらみを起こす可能性があります。
それと、アルカリ性の温泉に入った後は、皮膚の油分が取られるので肌が乾燥しやすいです。 なので、湯上りはすぐに化粧水、クリーム等で保湿する事が大事です。 そして、脱水症状が起こらないように、入浴で失った水分をしっかりと補給するといいです。

湯あたり

急にあわてて出ようとすると、立ちくらみに襲われる場合があります。

アルカリ性の温泉は、ゆっくりと浸かるだけで美肌効果を得られるので、女性に大人気です。 また、温かいお湯にお喋りしながら入る事で、日頃の鬱憤を解消してリラックスすることができます。 そのため、気分転換に利用してみるといいです。

 


この記事を書いた人
ライター:♨som RIE
温泉や健康などに関するライター
「身体と心を健康に」ライフスタイルを提案

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事