1. HOME
  2. ブログ
  3. 温泉のマナー

温泉のマナー

Pocket

温泉は心身共に癒してくれる効果があるので、日帰りや宿泊を問わず、とても人気があります。
現在では各家庭にお風呂があるのが一般的ですが、温泉はお金を払ってでも利用する価値があるので、多くの人は癒しを求めて宿を訪れます。
温泉にはリラックス効果があるので体の疲れを取りたい時にオススメなのですが、周りの人に迷惑がかからないようマナーを守ることが大事です。

入浴に際してどのようなマナーがあるのかというと、まず女性は長い髪の毛はまとめて入ることです。
長い髪の毛がお湯に浮かんでいたとしたら、他のお客さんは不快になるので注意が必要です。
男性でも女性でも髪の毛が長い人は、必ずまとめて入浴するのが大人のマナーで、周囲の人にはしっかり配慮するようにしましょう。

かけ湯を忘れずにすることもマナーの1つで、湯船に入る前には腰周りを中心にしっかりかけ湯をしてから入ることです。
周りの人は意外と見ているもので、そうしないとお湯が汚れてしまいます。
入浴温度に身体がびっくりしないようにする意味もかけ湯にはあるので、必ず念入りにしてから入浴するようにしましょう。

浴槽内で身体をこすらないのも大事なマナーで、みんなが入るお湯の中で垢すりをするのは不謹慎極まりなく、周囲の人に大きなダメージを与えます。
洗い場で身体の汚れを事前に落としてから湯船に入るようにすることです。

タオルを湯船に入れないのもマナーの1つで、意外と身体に巻いて入っている人が多いので注意が必要です。
温泉では浴槽内にタオルをつけるのはNGで、きれいなタオルでも雑菌はついているのでお湯を汚すことになります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事