1. HOME
  2. ブログ
  3. 症状別のオススメ入浴法

症状別のオススメ入浴法

Pocket

温泉は人を幸せな気分にさせてくれますし、症状別のオススメ入浴法で効果的に利用をすることができます。現代人にもとても多い肩こりの解消や予防には、お湯は40度くらいに浸かるのが最も良い方法です。最初に半身浴で10分ほど浸かり、ウォーミングアップを兼ねて、両肩にお湯をかけてから、今度はしっかりとお湯に浸かります。

高血圧の症状に心配を抱える人ならば、温泉に入る前にはかけ湯を最初にします。最初に足から、それから上半身に、ゆっくりとお湯をかけることで、血管が広がります。湯舟へ入っても、急激に血圧が上がらない方法です。お湯は30度から41度のぬるめのお湯に浸かります。足の裏や手のひらを軽く刺激すると、血液がさらにいきわたりやすくなりますが、長湯はしないように気を付けます。

高血圧の人の入浴は、硫酸塩泉や硫黄泉、炭酸水素塩泉などの温泉です。高血糖のの人などは、42度以上の高温浴をすることにより、血糖値はゆっくりと下がりやすくなります。お湯は42度くらいに5分入ったら、少し休んでまた入るのを3回繰り返して、1日に2回入るようにします。胃酸過多であれば、42度くらいの高温浴が最適であり、胃液の分泌も減ります。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事