飲泉の注意点

飲泉は文字通り温泉を飲む事で、1つの健康法として有名です。

飲泉の効果

その効果としても胃腸や肝臓などの局所的に作用する効果と入浴と同じ様に全身に作用する効果として医学の研究でも明らかになっています。
最近は特に慢性消火器病、肥満症、慢性便秘、糖尿病、胆石、痛風などに効果があり、薬効を直接身体に取り入れる事になります。

注意点

しかし、注意する点も多くあります。身体に良いと言っても多量に飲む事は危険で、1日の量は200mlから1000mlとして1回で飲む量は100mlから200mlとします。
お茶やコーヒーなどと一緒に飲む事は避けます。
温泉とドリンクに含まれる成分なども一緒に飲む事により内臓に負担がかかります。食前の30分前から1時間に飲むようにして、夕食後から就寝前の飲用はなるべく避ける様にします。

飲泉の数は多くない

そして、飲泉として利用できる温泉の数はまだ多くありません。つまり消毒していない湧水を飲むのと一緒なので効果が高い分リスクも大きくなります。
更に腎臓に疾患のある人は、塩化物泉を飲むと逆効果になる恐れもあります。
例えば高血圧や腎臓病、動脈硬化などの病気を患っていたり、浮腫みがある場合は塩化物泉、炭酸水素塩泉を飲用する事は禁じられているので注意します。

関連記事一覧

  1. 天然ラドン温泉は湯治最適な温泉
  2. ラドン温泉浴室BLOG

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
Translate »