1. HOME
  2. ブログ
  3. 温泉の効果・効能とは?

温泉の効果・効能とは?

Pocket

温泉はなぜ効能があるのか不思議に思った事もあるのではないでしょうか?
効能成分があるからと考えがちですが、これ以外にも色々な効果が影響し合っているのです。
この事を「シナジー効果(複合効果)」とも呼ばれておりますが、そのような効能以外の効果をご紹介していきます。

温熱効果

身体を暖めることで血行がよくなり、その結果色々な効能を得る事が出来ます。
血行が良くなる事で血管が広がり、身体の新陳代謝が高まり体内にある不純物を排出する機能が高まるのです。
例えば疲労回復をするときには疲労物質である「乳酸」が対外に排出という事なのです。

また温泉の温度ごとに効能があります。
37~40℃である「ぬるめの温泉」はリラックス効果があり気持ちを静める効果があり、「副交感神経」が活発になることで気分を落ち着ける事が出来ます。
逆に42℃以上の「熱い温泉」は興奮を促す「交感神経」が活発になりますので、目を覚ます効果があります。
ちなみに、日本人が一番気持ち良いと感じる温泉の温度は「42℃」になります。

水圧効果

温泉に浸かることは静水圧によって全身に圧がかかるので、体内の内臓まで刺激されます。
これが天然のマッサージを受けている状態になるのです。
特に水圧効果を受けるのが脚です。
脚には人の血液の約三分の一が集まり、その血液を心臓に送り出しているので「第二の心臓」と表現される事もあるのです。
ただ陸上では重力の問題で血液が心臓まで上がりにくくなってしまうのです。
しかし、入浴することで得られる水圧効果で血管が細くなり、血液が心臓まで押し上げる事が出来るのです。
これによって下半身の静脈が良くなり、血液の流れも活発になるのです。

浮力効果

湯船に方まで浸かると浮力の効果で体重は約十分の一になり、陸上よりも身体を動かせるようになります。
この身体が軽くなったという感覚を得る事で、筋肉が緩み「α波」という脳波が出る事でリラックスしやすくなります。
この効果を使い運動機能が低下した人などのリハビリテーションとしても活用されています。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事