温泉が心身にいい3つの理由

Pocket

温泉は日本で古くから親しまれてきたものになります。
温泉を利用するときには様々な理由がありますが、一般的には病気の治療をする「療養」、健康を保ち病気を予防するための「保養」、疲労を回復させる「休養」という3つの理由で利用されて、このことを温泉の三養と呼ばれてきました。
そんな昔から使われてきた温泉が私たちにどのような影響を及ぼしているのかご紹介していきます。

物理的作用

温泉に浸かることで「水圧」「浮力」「温熱」などの効果があります。
「水圧」の効果は重力から開放されて、内臓の負担が減りますのでこれによってマッサージ効果を得る事が出来るのです。
「浮力」の効果は水中にいることで体重が約十分の一まで軽くなりますので、筋肉や関節を動かす負担が減るのです。
「温熱」の効果は入浴をすることで体温が上昇して、血液の流れが促進されて不純物を対外へ排出する事になります。

自律神経

入浴をする事で自律神経の活動を正常にすることが出来ます。
この自律神経とは興奮などに関係する交感神経と、リラックスさせる副交感神経の2つがありますが入浴は副交感神経に働きかける効果があるのです。
大自然の中や大浴場で入浴をすることで心理的に解放されるという作用もあります。

化学的作用

温泉には身体に良い効果を与える成分が含まれており、その成分が体内に効果する事です。
この効果は温泉に含まれている成分によって異なりますので、自分が得たい効果に合わせて入浴をする温泉を使い分けるといいでしょう。

関連記事一覧

  1. 美人の湯
  2. 温泉入浴心得
  3. ラドン発生器

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
Translate »