快眠できる入浴法とは?

温泉に癒されにいく人も多いかと思いますが、楽しいからか意外と疲れてしまう事もあるかと思います。そんなときにぐっすり快眠が出来るような入浴方法をご紹介します。

方法1:身体の末端を温める

まずは手だけ入浴する「手浴」と足だけ入浴をする「足浴」がありますが、特に快眠にいいのは「足浴」です。
湯船に足を浸けながらゆっくりするような「足浴」がいいでしょう。
この足浴をするときは温度や時間をあまり気にされずに、「気持ち良い」と思えるくらい入浴できればいいでしょう。

方法2:就寝前にぬるま湯に入浴

快眠をするためには副交感神経を刺激してリラックスする必要があります。
ぬるま湯は副交感神経を活発にさせる効果があり、温度は37~39℃くらいを目安にするといいでしょう。
逆に42℃以上の熱い温度の場合は、副交感神経ではなく交感神経を刺激してしまうので目が覚めてしまいます。

方法3:夕食の1時間半後に入浴

夕食の後におおよそ1時間半後に体温が高まってきますので、そのタイミングで入浴をするといいでしょう。
人は深層体温が下がってくると眠くなってきますので、ちょうど眠る頃に体温が下がるようにすると快眠になりやすくなります。

関連記事一覧

  1. 美人の湯
  2. 登山の疲れ
  3. 炭酸水素塩泉
  4. ラドン温泉浴室BLOG

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
Translate »