医学の温泉

放射能を持つラドン含有温泉のラドンのみに薬効あり

Pocket

ラドンを含有する温泉は、ラジウム温泉と呼ばれ、その温泉からは、ラドンという気体が出ています。 ラドンは肺に吸入された後、全身を巡って3時間ほどで体外に出ます。 ラドンには放射能がありますが、このラドンのみが持つアルファ線という放射線によりごく短時間体内にそれがあることイオン化作用がおこり薬効が得られます。 唯一放射性物質で薬効があるのはラジウムや他放射性物質では無くラドンのみであります。

 

 

ラドンやラジウムが湧出する温泉周辺の人々

 

 

ラジウム温泉の周辺に住んでいる人が、ラドンによる放射能で、がん発生率が特に高くなっているということはないようです。 がん発生率がかえって低いかというと諸説あります。 統計のとり方や追跡調査の仕方で違う見方ができることもあるようですが、太古の昔とも言える時代から、その周辺に住んでいる人々の統計ですので、しっかりとしたデータをとれば、ラドン温泉の薬効がはっきりとしてくるでしょう。 がん発生率が有意に高い地域というのは全国にたくさんあります。

 

 

免疫力を上げるという説

 

 

放射能で絶対に避けなければならないのは、内部被ばくです。 放射性物質を体内に取り込むと、至近距離から放射線を浴び続けるため、細胞のDNAが切断されがちになり、健康被害をもたらします。 ただ、放射性物質には、何万年も放射線を出し続けるものと、ラドンのように、3時間ほどで体内から消えてなくなるものがあります。 放射線の種類も関係しております。 ラドンは紙をも通過出来ない透過力が非常に弱いアルファ線なのです。 多数の方々が被ばくが心配されている物質にはベーター線・ガンマー線という、鉛や分厚いコンクリートでなければ遮断できない透過力の非常に強い放射線があります。 ラジウム温泉でおなじみのラドンが、これまで問題視されなかったのは、体内にとどまらないガス状の気体で放射線が非常に通過力の無いアルファ線だったからでしょう。 アルファ線であってもイオン化作用が一番強力な物質であり、局所的に熱を与えます。 その電離作用により免疫細胞が臨戦態勢に入り(蘇り)、免疫力が上がり、細胞が再生するのです。

放射線の種類

放射線の種類

 

筋肉増強と似た面があるという説

 

 

筋肉トレーニングには、筋肉に負荷をかけて筋組織を傷つけることで、修復を促し、修復力をつけ、筋肉を増強させていくという面があります。 そのため、筋肉トレーニングは毎日おこなうべきではなく、修復を待って、そのあとまた繰り返すのがいいとされます。 ラドン温泉にもそれと似た面があるという説もあります。 ラドンの放射能が、およそ3時間体内にあることで、細胞が傷つき、免疫細胞が傷ついた細胞を修復しようと活性化します。 フル活動しているうちに、傷ついた細胞への対処が終わり、ラドンも消え、免疫システムが活性化された状況が残るため、健康が増進される可能性があるというものです。

ラドン効果

高濃度ラドンは肺がんの発生率を35%低下させます

放射線技師のがん発生率が低いという統計があります。 これは、放射線の外部被曝は一般人よりもやや多いけれども、内部被曝がないからであると考えられています。 ラドン温泉でラドンを体内に取り込む場合も、ラドンがすぐ消えるため、浴びる放射線がごくわずかである点が、なんらかの効果を生んでいるという説があります。 実際に研究所にての成果があります。 高濃度ラドンを生涯にわたり吸い続けると肺がんになる自然発生が35%減少するのです。 これにより「ラドン」を吸えばガンになるということは風評であります。 ラドンの娘元素(ポロニウム)にはニコチンと結び付きやすく肺や呼吸器官に定着し鉛と変化し高濃度の強い放射線を何十年にもわたり放出することも判っております。 呼吸ばかりか口からもこれらラドン娘元素であるポロニウム・鉛等は食物とともに体内に入ってきます。
ラドンガスそのもののガンに対する危険度は、ポロニウム・鉛等と比べ段違いに無いと言っていいでしょう。

自然放射線

自然放射線(人間が生活する上での被ばく、年間2. 4ミリシーベルト)

最後に 低線量の放射線に関し(1)放射線に特有ながんは存在しない (2)統計学的に有意差を示すのが困難
つまり、低線量被ばくによる発がんの有意性を疫学的に証明するには膨大な母数が必要、実際には不可能であります。

LNT仮説を支持しているICRP(国際放射線防護委員会)は、2007年に次のように報告しております。
「委員会(ICRP)は、LNTモデルが実用的なその放射線防護体系において引き続き科学的にも最も説得力がある要素である一方、 このモデルの根拠となっている仮説を明確に実証する生物学的/疫学的知見がすぐには得られそうもないということを強調しておく。 低線量による健康影響が不確実であることから、委員会は、公衆の健康を計画する目的には、非常に長期間にわたり多数の人々が受けたごく小さい線量に関連するかもしれない癌または遺伝的疾患について、仮想的な症例数を計算することは適切でない と判断する。 」と発表しておりました。

つまり 放射線にガンは存在しません。

 


この記事を書いた人
ライター:♨som RIE
温泉や健康などに関するライター
「身体と心を健康に」ライフスタイルを提案

 

20

ラドン温泉,ラジウム温泉,放射能,薬効,ラドン温泉

関連記事一覧

  1. ラドン温泉浴室BLOG
  2. ラドン温泉で疲労回復
  3. ラドン発生器

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

最近の記事

  1. 昭和時代
  2. 和室12畳間客室313-002
PAGE TOP
Translate »