医学の温泉

ラドン温泉は妊婦や子供も入れるの?安全性や影響は?

Pocket

出典:写真AC

 

微量の放射線は体にいい効果をもたらすといわれていて、放射性物質を含むラドン温泉は、湯治や健康、美容目的で利用する人たちが多くいます。

 

放射線を浴びるラドン温泉の安全性や体に与える影響を危険視する声もありますが、ラドン温泉で浴びる放射線は微量で安全性には全く問題ありません。

 

そのため、妊婦や子供でも問題なく入ることができて、体にいい効果をもたらします。

 

 

ラドン温泉とは?

ラドン発生装置

出典:湯〜とぴあ

 

微量の放射線を発するラドン、安全濃度に保たれたラドンを発生装置で安定供給している温泉をラドン温泉といいます。

 

ラドンには他の物質を活性化させる作用があり、皮膚や呼吸を通じて体内へ入ると細胞を活性化させる効果を発揮します。

 

細胞が活性化すると血行が良くなり老廃物の排出が促され、体の機能が向上していきます。

 

そのため、昔から湯治に適した温泉として知られていて、湯治目的でラドン温泉を利用する人が多くいます。

 

また、最近では活性酸素の排出を促す効果が注目されていて、美容目的で利用する人もいます。

 

ラドン温泉の安全性

安全性を解説する医者

出典:写真AC

 

放射性物質が含まれるラドン温泉は、体に与える影響を危険視する声があるのは事実です。

 

日本では原爆や原発事故など、『放射線』に対する悪いイメージがあるため、放射性物質が含まれる温泉も危険なのではないかというイメージになり、特に、影響を受けやすい妊婦や子供への影響が心配されます。

 

確かに、一度に大量の放射線を浴びると人体に悪影響を及ぼし、危険な物質であることは間違いありませんが、そもそも自然界には常に放射線が飛び交っていて、私たちは日頃から微量の放射線を浴びて生活しています。

 

健康に影響を及ぼす被曝量は短時間で約200シーベルトといわれていますが、ラドン温泉の被ばく量は約0.4ミリシーベルト/年(最高施設において毎日1時間365日入浴した場合)でいかに微量で安全であるかがわかります。

 

そのため、妊婦や子供がラドン温泉に入っても悪い影響はなく、むしろ体にいい効果をもたらします。

 

ラドン温泉は妊婦や子供の体にもいい

妊婦

出典:写真AC

 

ラドン温泉で浴びる放射線は微量で、安全であるため妊婦や子供が入っても全く問題ありません。

 

昔は妊娠中、温泉に入ることは推奨されておらず、2014年までは妊娠中の温泉は禁忌されていましたが、医学的根拠がないことから、現在は禁忌項目から削除されています。

 

妊婦の長湯は体に負担がかかるので良くありませんが、適度な入浴であればリ血行を良くしてリラックス効果も得られます。

 

また、ラドン温泉に継続して入り喘息が改善されたなど、さまざな病気が改善された事例があるため、持病を持った子供にもいい効果があります。

 

まとめ

 

ラドン温泉は子供や妊婦にもいい効果をもたらし安全な温泉です。

 

湯治や健康、美容目的で利用してみてはいかがでしょうか?

 

おすすめ施設は東洋一のラドン温泉施設関東・山梨県の竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」です。

 

「湯ーとぴあ」なら本物のラドン温泉を体感することができます。

 

関東・山梨県の竜王ラドン温泉ホテル「湯~とぴあ」

料金・宿泊プラン一覧はこちら

 


この記事を書いた人
ライターのトシゾーです。
ライフスタイルや健康、旅行を中心にライティングしています。

関連記事一覧

  1. ホルミシス効果とは

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

最近の記事

  1. 炭酸水素塩泉
  2. ラドン温泉浴室BLOG
PAGE TOP
Translate »