医学の温泉

ラドン温泉の「ラドン」って?

ラドン温泉浴室BLOG
Pocket

ラドンとは、放射性元素Rn222。 空気中にも含まれるガスの気体です。 放射性元素と聞くと、驚かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、私たちが日々触れている自然の中、空気中にも大量に存在するもので、そのラドンが含まれるラジウム温泉は、湯治湯として昔から人々に利用されてきました。 ラドンの持つ微量の放射線は身体に良い効果を与え、万病に効くとさえ言われています。 これまでは、自然由来のラドンの発生量を予め予測する事は出来ませんでした。 しかし、人体に害の無いラドンガスのみを抽出し供給するシステムが開発されたことにより、私たちは微量の放射性物質を生活の中にラドン温泉として効率的に取り入れることに成功したのです。 ラドンとはラジウム鉱石より放出された希ガスの一種、化合物を作らない安定した状態を保っているのが特徴になります。 ラドンは放射能ゆえ被爆の危険性がありますが、温泉に使用されるラドンの濃度は極めて薄く法定安全濃度以内なので問題ありません。 ラジウム鉱石は古来から地球上に存在する物質であり1800年ラドンを放出し続けます。 ラドンはラジウムが崩壊してできる物質なので、温泉や私たちが日常呼吸している空気との密接した関係にある訳です。

 

ラドン温泉の開発原因

放射能泉(ラジウム温泉)には、ラドン元素やトロン元素がある一定の量以上含まれています。 温泉が地表へと湧き出てくる途中に岩石を通過し、その岩石に放射性のウランやトリウムが含まれていると、ラジウムやラドンが溶け込みます。 放射性といっても人体に悪い影響は与えませんので、安心して入浴できます。 ラジウム温泉に含まれるラドンは、入浴中に皮膚から吸収され効能を発揮しますが、ラドンは気体としても存在します。 そのため、入浴時にお湯に浸からなくても、浴室の中で呼吸することで気体となったラドンを肺から吸収できるのが特徴です。 皮膚や肺から吸収されたラドンは、全身に行き渡り全身の細胞を活性化させます。 ですがこのラジウム温泉のラドンはラドンとしての存在期間が短く、しかも時間の経過や加熱したりすると直ぐ無くなってしまう。 浴槽に治療に役立つほどの濃度でラドンがある温泉は全国に3件程しかなかったのです。 自然ゆえに日によってもラドンの含有量も変化し0の日もあるのです。 このような治療に不適な環境を脱するために、生まれたての新鮮な、安全なラドンガスのみを抽出して浴槽へ一定量送るシステムを開発したのです。 これがラドン温泉です。

 

ラドン温泉の放射能の考え方

ラドン温泉はラジウム温泉とは違い、ラジウムから発生するラドンという気体のみで満たされています。 ラジウム温泉はウランから生ずる全ての放射性元素を含む場合もあります。 ラジウム温泉一部の温泉・ラドン温泉に入ると、ラドンを吸い込みます。 ラドンには放射能があり、体内に入ったラドンはおよそ3時間で殆ど全て排出されます。 ラドンの放射能に注目が集まっていまが、効果は昭和35年に立証されました。 温泉法においてもラジウム含有でなくラドン含有量により療養泉認定され放射能泉と分類されます。 しかも地球上において人類誕生よりずっと関わりある元素で空気中にも大量に存在します。 ウラン崩壊元素でありますが地中で色々な放射性元素(物質)に変わりラジウムからラドンへ変化して湧出してくるわけです。 とりわけラドンは放射能の中でもアルファ線という紙をも通過しない浸透力の弱い性質を持った放射能です。 またとりわけ安定した元素です。 原発などで騒がれている放射能・放射線とは違います。 その浸透力の弱さを利用し医療分野で画立したのが「アルファ線療法」という放射線療法です。 アルファ線にはがん細胞を死滅させる力は当然にありません。 ガンマー線とは鉛板までも通過してしまいます。 それだけ細胞に対しても破壊力が大きいのです。 ラドンをラジウム温泉などで吸い込んでも、およそ3時間程度で体内から全て排出され消えてなくなります。 ラドンそのものも3. 8日すると他の放射性元素(物質)に変わって無くなってしまうのです。 永遠にラドンのまま存在はしません。 放射性物質は、放射線を出しますが、いつまで出すかは種類によって異なります。 何万年も放射線を出し続ける放射性物質もあります。 放射線を出すのが短時間だからいいということでもありません。 出す放射線の数や浸透力が膨大だと、短時間であっても一瞬であっても健康被害をもたらします。 ラジウム温泉が長年人気を集めてきたことからすると、ラドンはそうした種類の放射性物質でないのは確かです。 ラドン温泉として昭和47年よりなんと4~5千万人もの日本国民の多くの方がご利用いただきました。 誰一人として健康被害も言われること無く、健康に良い結果が口コミで広がった温泉であります。

 

放射能の諸説

ラドンには放射能があるのは明白です。 ただ、ラドン温泉利用した日本国総人口の約1/3超のお客様方、過去500年前からのラジウム温泉利用者たちが、なぜ明らかな健康被害を受けず、むしろ健康効果があるのはラドンがアルファ線の放射線だったからです。 しかも安定した物質で他物質とは化学反応しない性質もあり、呼吸で吸収してもイオン化作用をするだけで排出されてしまう点にあります。 極めて短時間放射線を浴びる場合は、むしろ免疫システムが活性化し、健康効果が得られるという専門家もいます。 また別にラドンから変化する浸透力の大きい娘元素もラドンと一蓮托生に説明しているWHO発表にも誤解が生じます。 つまりラドンをそれ以降に変化する娘元素、ポロニウム、鉛までも同じ放射線と同一視してしまう無知識の方々の無責任な言動も問題があります。 ラドン温泉最高濃度施設のラドンによる被ばくは、空気中のラドン等による被ばくの1/6です。 空気中のラドンも温泉のラドンも同一です。 ただ、ラドンとして存在できる期間ははるかに温泉のほうが長いのです。 完全に空気を吸うことを止めなければラドンを浴びなくすることは出来ません。 地中には膨大なウランが埋蔵されているのですから。 ラジウム温泉にて人間が健康になれるのはラドンが残存している場合に限ります。 温泉循環施設が蔓延しラジウム温泉といえども新鮮なラドンではなく、ラドンの存在自体も無くなってしました。 放射線が非常に強力なベーター線ガンマー線である「鉛」などを知らず知らずして吸収している場合もあります。 ラジウム温泉であろうとラドンの存在が0の施設も多数あります。 ですので新鮮安全な安定したラドンのみを浴槽へ送る、医学の温泉として利用可能な「ラドン温泉」が誕生した経緯です。

 

ラジウム温泉危険?

ラジウム温泉と聞きますと、放射線の成分をイメージする方も多いのではないでしょうか。 ラジウム温泉に使われているラジウムは天然の成分であり、自然界に存在する物質ですので人体に影響を与えることはないとされています。 ラジウム温泉には活性酸素を抑制してくれる効果がありますので、腰痛の原因となる痛みや凝りを軽減してくれることに効果が高いとされています。 一定以上のラドンを含んでいる温泉は放射能泉と呼ばれ、神経痛や腰痛などに効果が期待できます。 定量の放射線は健康維持に使われていますので、正しい方法で入浴をし効能を取り入れることが大切です。 ラジウム温泉にはラドン元素やトロン元素が含まれ、腰痛の痛みを緩和してくれる成分が含まれています。 効能を体の中に効率よく取り入れるためにも、正しい入浴方法で2回から3回に分けてゆっくりとラジウム温泉に入浴をしましょう。

 

 

ラドン温泉の特徴

大きな特徴は毛細血管の拡張によって新陳代謝が向上するところです。 このため自然治癒力や免疫力を高めることに貢献しており、細胞の若返りにも効能があるとされています。 これはラドンが脂肪に溶けやすい性質と大いに関係があり、皮膚を経由して体内に取り込まれるから起こるものです。 温泉の温度が高ければ高いほど、皮膚からの吸収量が比例して高くなります。 皮膚からも吸収されますが、気化したラドンを肺から吸収する方が多いです。 肺から血液を循環していき、体内で脂質の割合が多い器官へと送られていきます。

 

ラドン温泉の力

具体的にラドン温泉にはどのような効果があるのでしょうか。 ラドンに含まれる放射線は、衝突する物質に対しイオンを働きかける作用を持っています。 物質を透過し内部に影響を与えるのではなく、透過する代わりに表面で衝突する際のエネルギーにて相手の物質をイオン化するのです。 これをイオン化作用(別名電離作用)と呼びますが、ラドン温泉に入ることにより、放射性物質が皮膚や呼吸から体内に取り込まれ、活動が鈍っている細胞や、皮膚組織の持つ本来のデトックス機能を呼び起こしてくれます。 そうすることで代謝が上がり、体内に滞っていた老廃物が排出され、身体が元気になるのです。 筋肉疲労や、免疫力の低下、内臓の不調などに留まらず、衰えが気になる肌のケアや、余分に蓄えられた脂肪の燃焼にも効果が期待出来ます。 簡単に言えば加齢により眠ってしまっている免疫細胞をイオン化エネルギー・電離衝撃エネルギーで眠りから起こして再活動してもらうことです。

 

温泉含有物質

ラドン温泉はラドンのみ放射能泉(ラジウム温泉)は、ラジウム、ラドン、ポロニウム、鉛などです。 そのうちラドンは自然界に存在する物質のなかで、一番イオン化作用が強いのが特徴で、健康に良いとされているイオンの促進を促す効果があります。 温泉から立ち上る湯気の中や温泉のお湯そのものなどから体内に吸収することによって、イオン化作用が人体の血液および組織内に働いて血液内に溜まっている老廃物、いわゆる中性脂やコレステロールなどを除去し、 血流を促進させるとともに新陳代謝の向上も期待ができる温泉となっています。

 

ラドン温泉最効果獲得法

温泉に入ることで得られる効果は三つ。 一つは物理的効果。 二つ目は心理的効果。 三つ目は薬理効果。 この三つを意識して入浴することで余すことなく得ることが出来ます。 まずは、入浴前に水分補給をします。 入浴すると、老廃物と共に水分も大量に排出され、血液の流れが停滞します。 予め水分を補給することで、より効率的に体内の水分が入れ替わり、脳卒中なども防ぐことが出来ます。 次に、入浴前にかけ湯をします。 マナーとして当然のことですが、身体を湯の温度に慣れさせることで、心臓などに負担がかかるのを防ぐ事が出来ます。 それが済んだら、更に半身浴で慣らし、肩まで浸かります。 折角の温泉だからと長湯をすると、身体が疲れてしまいますから、休憩をはさみつつ楽しみましょう。 そして最後に、薬理効果を持続させる為に、仕上げのシャワーはせずに出ましょう。 ラドン温泉の持つデトックスパワーは、古くから私たちに様々な恩恵を与えてくれました。 天然のラドンを抽出することに成功し、ラドン温泉はこれまで以上に身近なものとなりました。 ストレスの多い日々の生活に、ひとときの休息と労りを、取り入れてみてはいかがでしょうか。

おすすめの入浴法

ラドン温泉入浴の仕方は、入浴前に体を洗ってから浴槽に入ります。 お湯の温度にもよりますが、10分から15分程度の入浴が適切です。 ラドンは入浴しなくても浴槽の近くにいるだけで吸収できますので、体調に合わせて心地よいと感じる時間の入浴を行いましょう。 吸収を高めるために、入浴時や温泉の近くで深呼吸すると高い効果が期待できます。 浴室から出た後はタオルで身体を拭きながら、汗が自然と引いていくのを待ちます。 2回目の入浴を行う時は1時間から2時間の間隔を空けましょう。 十分な効果を実感するために、4日から5日続けるのがおすすめです。 ラドン温泉とは、リウマチをはじめとする更年期特有の症状に高い効果が期待できる温泉です。 皮膚だけでなく肺からもラドンを吸収できるので、深く呼吸をすることでラドンをしっかり身体に吸収させることができます。 温泉を利用すれば、辛い症状から開放される事が期待できます、肩こりの症状を解消させる方法として効果が期待できるのが、温泉の利用です。 中でもラジウム鉱石から放出されるラドンを利用したラドン温泉を利用すれば、体の不快な症状を緩和させたり、回復させる事が期待できます。 ラドンとはラジウム鉱石からり放出される気体です。 そのラドンが肺に入ると、体の活性酸素を取除き、アンチエイジング効果があります。 そしてラドン独特のホルミシス効果は、肩こりの原因となるストレス性の緊張感を和らげます。 更に毛細血管を拡張させてくれるので、血流も促します。 ラドンは人間本来の持つ自然回復力を高めてくれるのが大きな特徴です。 肩こりを解消させたければ、積極的な利用をするのが得策です。 何回か通う事も必要です。 ラドンの効果を実感できるまでの期間には、個人差があります。 ラドンの効果は2日から3日位は続くので、週に2日程度通うのが理想的です。 早い人なら1ヶ月位通う事で効果を感じる事ができます。 人によっては、1ヶ月間は長い様に感じられます。 しかし何年も肩こりに悩まされてきた人にとってはそう長い期間ではないです。 本物のラドン温泉なら、しつこい肩こりを効率的に短期間で回復させる事が期待できます。 ラドンの効果は人間の持つ自然回復力を引き出すので、健康体を目指すを事ができます。 手頃な料金で利用できるのも魅力的です。

 

 

温泉について

天然+ラドン温泉は、ストレスを癒やす効能があることで知られているラドンという物質が温泉や浴室に混ざっている点が特徴の温泉です。 ラジウムから生じる気体を浴室へ送っており、このラドンとミネラル成分の相互の相性によって血流を良好にさせ、また血液に混ざっている不純物を取り除き綺麗にするという効果が期待できます。 肩こりや痛みの原因となる老廃物の除去にも効果がある物質とされております。 ラドンは肺に吸入された後、全身を巡って3時間ほどでほぼ全て体外に出ます。 ラドンにはアルファ線という紙をも通過できない放射線があり、その放射線のイオン化作用で薬効が得られます。

 

天然+ラドン温泉の効能とは

温泉には様々な泉質があり、種類によって効能が異なります。 リウマチや神経痛などに効果があるとされているのがラドン温泉です。 肌ざわりも良く湯冷めしにくいので、身体の芯まで温まることによる温熱効果も期待できます。 ラドン温泉は多種多様な効能が存在するのが特徴です。 特に高齢者に多く見られる疾患への効能があると言われ、リウマチや神経痛、関節の痛みがある人や胃腸の弱い人におすすめです。 他にも自律神経の乱れや抑うつなどの精神症状を改善する効果があるといわれています。 慢性の皮膚炎や肩こり腰痛など、高齢者だけでなく若い人も罹患しやすい症状、更年期に起こりやすい肝臓病や腎臓病、心臓の疾患にも良い影響を与える温泉です。 あたたかいお湯に浸かるだけでも血行が促進され、身体に溜まった老廃物の排出が促されるので、疲労回復にも役立ちます。 ラドンは血液の流れを良くすることによって新陳代謝を活発にし、腰痛の原因となる凝りや痛みを軽減させてくれる効果があります。 二つの効能の相乗効果によって腰痛を和らげてくれます。 癒やしを求めているなら、ラドン温泉がおすすめです。 ゆっくりくつろぐことができるため、仕事の疲れがたまっているときにピッタリな場所といえるでしょう。 日本にはいくつか存在するので、疲労を感じたら近場にあるラドン温泉を利用してみてください。 仕事で疲れたときは、ラドン温泉だけではなく宿泊施設も利用してください。 宿に泊まることでゆっくり温泉に浸かることができるので、日帰りよりもくつろぐことができるでしょう。 宿では美味しい料理を堪能することもできるため、日頃の疲れをリフレッシュしたいときはホテルや旅館に泊まることをおすすめします。 自然の中にある施設もあるので、開放感を感じたいときは利用する場所にもこだわりましょう。 多くの木々に囲まれているところであれば空気も都会と異なるため、ストレスの多い日常を忘れることができるというメリットがあります。

 

ラドン浴は肩こりや疲労感が回復しやすい

肩こりは年齢や性別に関わらず、多くの人が患う症状です。 しかも長年解消できずにいる人が大勢います。 安易に考えていると、症状は悪化するばかりです。 市販薬の使用等による対症療法ではなく、根本的な解決策が必要です。

 

 

早めの対応

デスクワークが多い人や同じ姿勢でいる時間が長い職業に就いている人は慢性的な肩こりに悩む人が多いです。 肩こりの原因は、加齢によるものばかりではなく、日頃の姿勢の悪さや歩き方が大きく影響してきます。 人によっては腕が上がらない程に症状が悪化してしまう場合もあり、日常生活に支障が出るケースもあります。 市販の塗り薬や飲み薬を使う人も多いですが、効果は一時的なものが多く、根本的な解決策とならない場合が多いです。 たかが肩こりと安易に考えていると、生活の質を低下させる原因ともなりかねないので、早めに対応策を講じた方が無難です。

 

ラドン温泉は健康に良いだけではなく若返りにも

日本では高齢化社会が進む中、健康志向がますます高まる傾向にあります。 運動の習慣や食事の見直しを図る方法が見られており、病気を未然に防ぐ目的で励んでいます。 中でも、温泉による療法は年配者に支持されており、ラドン温泉は特に注目が集められています。 日ごろ溜まっているストレスを癒やす温泉を提供していることで知られており、ストレスだけでなく様々な効能があるということでも注目されており、温泉や宿泊などで多くの人に利用されており人気となっています。

 

デトックスパワー天然温泉+医学の温泉

温泉には様々な種類の泉質がありますが、医学の温泉といわれているのがラドン温泉です。 ラドン温泉は、ラドン発生装置を利用してよく室内に安全な濃度のラドンガスを送ることによって温浴中に様々な効能を生み出す温泉です。 ラドンとはそもそも自然界に存在する物質です。 ラドンとは天然元素のラジウムから放出される安定希活性の気体です。 ラドンは自然界に存在する物質で、最も強力なイオン化作用があります。 ラドンを温浴中に適量皮膚を通して吸収することによって、人体の血液や組織内に作用し、血液内の老廃物、血管を老化させる中性脂肪やコレステロール、過剰な糖分などを排出し、血液を浄化していきます。 血液が浄化されることによって体の様々な部位の凝りや痛みの原因を消失していきます。 血液や組織内での新陳代謝の促進にもつながりますので、発汗作用が働き、入浴後に心地よい温感を覚えると思います。 ラドン温泉は神経組織に作用します。 ラドンは様々な神経系疾患にも効果が期待できます。 自律神経失調症、更年期障害めまいや耳なりを伴うメニエル氏病、冷え症、神経系頻尿症、腹部腸管癒着症、気管支性喘息、頭部外傷性神経症、精神身体疲労、多発性神経繊維膣などの症状の緩和には特に効果がみられると言われています。 長年研究されて把握されたことですが、ラドンは皮膚や呼吸によって体内に吸収される事がわかってきました。 その為、自律神経を整える作用や収縮した血管の拡張、気管支や腸、その他の臓器のけいれん緩解、ぜん動促進、ホルモンの分泌調整など様々な働きが期待できると言えます。 ラドン浴によって美容効果も。 ラドン浴によって体が受ける微量の放射線は、免疫機能を向上させ、体の様々な活動を活性化させ、病気の症状からの改善や病気にかからない体作りだけでなく、老化を抑えることによって、若々しい体を維持し、自然治癒力を促進するなど美容効果が期待できます。 ヨーロッパ各地には、様々な地域でラドン浴の治療施設が点在しており、ラドン温泉が医療施設の一環として位置づけられています。 日本にもいくつかの天然、人口のラドン温泉施設が存在します。 特に最近人気を呼んでいる施設などでは、美容などとは別に、難病治療のために訪れる方なども少なくありません。 ラドン温泉は、適量の吸収量を守らなければなりませんので、継続して長く入浴するは体に害をなすこともあるますが、適度な時間の入浴と休憩を繰り返すことによって、様々な恩恵を受けることが期待できる温泉といわれています。 自然界にあるイオン化作用を促す物質を利用することで、温泉に浸かっている人の健康状態を良好にするぽかぽからんどの温泉の効能は多く挙げられています。 腰痛、発疹、痛風といった一般的な温泉にもある効能に加えて、糖尿病、じんましん、自律神経失調症、夜尿症、喘息などから、ストレスによって発生した胃腸まわりの不調全般にも効果が期待できるとされています。 これは温泉に浸かっていて身体が暖まりやすい環境にいるという点に加えて、ラドン物質によるイオン化作用が効果を促進させていることが特徴となっており、通常の温泉よりも湯につかったときの効果が上がると評価されています。 ぽかぽからんどの温泉は、ストレスが溜まりやすい現代社会の日常を離れて、ゆっくり温かい湯に浸かれる環境を提供していると同時に、癒やしや身体の健康そのものに直接寄与する物質の効果によって精神的な面だけでなく実際的な効能も期待できる温泉です。

 

ラドン温泉期待される

ラドン温泉では、ラドンの性質よりもたらされた恩恵によって、細胞レベルの若返りが期待されます。 副腎皮質や脾臓などの機能改善に加えて、気管支喘息やアトピー性皮膚炎にも効能があるとされています。 また、神経細胞の構成要素でもある髄鞘に集積されることから、関節症や関節リウマチに効く成分とされて重宝されています。 国内でもリウマチの効く温泉として認知されており、自然界における放射性物質の中でも恩恵を与えてくれています。 ラドンには、放射能を体内に取り込まれるかたちで機能改善が見込まれるものですが、わずか数時間で体外へ排出されるため、蓄積される心配はありません。 ラドン温泉は放射性物質を使用しながらも、入浴者に多大な恩恵をもたらしてくれます。 脂質に反応する性質から、臓器の機能改善やリウマチの療養にも用いられています。 ラドンは数時間で排出されるので、健康を害する心配は無用となります。

ラドン発生器

ラドン発生器

関連記事一覧

  1. 足湯
  2. 富士山/登山

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

最近の記事

  1. 炭酸水素塩泉
  2. ラドン温泉浴室BLOG
PAGE TOP
Translate »