医学の温泉

ラドン温泉の効果は凄い!日本最大ラドン温泉のある湯~とぴあ

ラドン温泉浴室BLOG
Pocket

 

温泉大国の日本、ラジウム温泉は武田信玄の時代古くから湯治として利用されてきました。日本の文化としても全世界に有名な日本の温泉ですが、さまざまな成分や性質によって分類されている種類の温泉があります。そのなかで本日は数ある温泉の中から「薬効効果が抜群」といわれるラジウム温泉・ラドン温泉の効果について解説します。また、本物のラドン温泉施設もピックアップします。
 

ラジウム温泉とは

天然の放射能元素を含有する温泉です。近年ラジウムを含有するからラジウム温泉、ラドンを含有するからラドン温泉、トロンを含有するからトロン温泉ともいうサイトが存在しますが大きな間違いです。その表示方法が正しいならば、日本国内多くの泉質名「弱放射能泉」の温泉浴槽にはラドンは検出されず「鉛」に占拠されていますが鉛温泉と呼ばれていますか?このように元素による分類表記もありますが、それは元素記号で表示する泉質名略記表示のことです。
法律的には、ラジウム元素を××(量)、またはラドン元素を××(量)を超える含有量があれば温泉として認められているのです。温泉としての存在条件だけなのです。
もうひとつ忘れてはならない分類に、泉質ごとを定めた療養泉泉質規定があります。これには、ラジウム表記は無く、ラドンのみを111Bq/kg存在すると泉質名が放射能泉と表示可能となり病気療養に適する療養泉としてはじめて効能表示が可能なのです。この放射能泉のことを古来から「ラジウム温泉」と呼んでおりました。

 

 

放射能含有温泉の歴史

ラジウムの発見(1898年)明治33年
ラドンの発見 (1900年)明治35年、まだラドンの効用研究も発表なく、まずラジウムの研究が盛んに行われました。
モスクワ中央研究所設立。1926年(昭和元年)ロシアにてラジウム温泉研究 国営の研究機関200ヶ所、高濃度のラドンを1500以上のラドン泉へ配分。
オーストリアのガスタイン1946年(昭和21年)、坑道にてトンネル療法(ラドン元素による病気療法)を発見。
温泉法制定   (1948年)昭和23年、まだラドン効用がまだ発表無く、放射能=ラジウムでした。
ラドン療法確立(1960年)昭和35年
一般者が利用出来るラドン療法施設確立(1972年)昭和47年、ここからがラドン温泉のはじまりです。

 

 

ラドン温泉とは

ラドンとは自然に存在する最もイオン化作用が強い物質の気体で空気より重い性質があります。一定の濃度に保たれ安全なラドンガスを浴槽内へ送る温泉をラドン温泉といいます。ちなみにイオン化作用とはある物質に当たるとその物質にイオンを与える電離作用のことです。呼吸や皮膚から体内へ入るとイオン化作用で血液中の中性脂肪やコレステロールなどの代謝が促され血液がきれいになります。それに伴い凝りや痛みの原因となっている老廃物も取り除くことができます。また、経年により活動停止した細胞を再度活動させる働きもあるようです。これが医学の温泉とも言われる由縁でもあります。
 

 

ラドン温泉の効果

体内へ入ったラドンは全身の細胞を活性化する作用があります。そのため、さまざまな病気の症状改善に力を発揮します。
③療養泉の一般的適応症(浴用)
筋肉又は関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、冷え性、末梢循環障害、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスがたまるなど)、軽症高血圧、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害、うつ状態など)、病後回復期、疲労回復、健康増進
④療養泉の泉質別適応症(浴用)
きりきず、末梢循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾噪症
引用:湯ーとぴあより
また、ラドン温泉は病気の改善ばかりで無く、美容や健康維持・病気の予防効果もあります。血中のラドンイオン化作用で血液中老廃物が取り除かれ血液はきれいになり、体温を上げ、細胞の活性化、新陳代謝を促しますのでアンチエイジング、デトックス効果をもたらします。美肌、若返り、病気予防効果をもたらします。

 

 
本物のラドン温泉の効果が簡単に得られる山梨・湯~とぴあ

東洋一最大級(千名用)本物のラドン温泉が味わえる施設は山梨県にある「湯~とぴあ」のみです。天然温泉、源泉100%常時全浴槽掛け流し天然ラドン含有温泉に、医療用のラドンガスを混ぜた温泉の泉質名は「ナトリウム-炭酸水素塩泉」です。天然のラドンは寿命が短いのですが、生まれたてのラドンを混ぜることでラドンの鮮度が保たれます。約4日弱はラドンのままで存在しますが、このラドン温泉のラドン吸入室自体も常時新しいラドンガスで満たされるよう設計されております。鮮度が保たれていれば当然効果も当然大きくなります。「湯~とぴあ」なら本物のラドン温泉を手軽に味わうことができます。湯治や健康、美容目的で温泉を探しているなら「湯~とぴあ」が断然おすすめです。

ラジウム温泉

他にラドン含有する天然温泉であれば「鉛」「ポロニウム」等多数含有しますがラドン濃度の高い温泉を紹介します。
山梨・増富温泉、不老閣(岩風呂のみ) (ほか館内の浴槽はラドン濃度は低いです。)
鳥取・三朝温泉、大橋旅館 (三朝では大橋旅館がトップ、次1/3の濃度が木屋旅館)
岐阜・湯ノ島ラジウム鉱泉、ロウソク温泉
以上ラドン温泉1軒、ラジウム温泉3軒のみが日本に於いて、浴槽におけるラドン濃度に関してのみ療養泉基準濃度を満たしている温泉です。

関東・山梨県の竜王ラドン温泉「湯~とぴあ」
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
中央高速甲府昭和IC西2キロ
TEL 055-276-9111

関連記事一覧

  1. 秋の温泉
  2. 富士山/登山
  3. 温泉入浴心得
  4. 肩こり

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

最近の記事

  1. 炭酸水素塩泉
  2. ラドン温泉浴室BLOG
  3. ホルミシス効果とは
PAGE TOP
Translate »