医学の温泉

温泉の入り方の基本マナーは?

温泉入浴心得
Pocket

温泉へ気持ちよい入り方、マナーを守って温泉を楽しみましょう。温泉は多くの人が利用するものですから、きちんとマナーを守った入浴法をしましょう。他の人に迷惑をかけないように温泉の入り方のマナーを頭に入れておきましょう。

温泉の入り方の基本的マナーについて。

<温泉に入る前のマナー>

<<湯船に浸かる前にかけ湯をする>>

温泉に入るときにはかけ湯をする必要があります。すでに洗身済みで体が綺麗だったとしても、必ずかけ湯をしなければなりません。他の人に不快な思いをさせないためにも、たとえ自分の体が綺麗なときでもかけ湯を行うのがマナーです。
ちなみに、温泉に入る前にかけ湯をするのは、ただ体の汚れを落とすだけでなく、温泉の成分を吸収しやすくするという目的も兼ねています。

洗身

浴槽に入る前に体を洗身

 

<温泉の湯船でのマナー>

<<タオルを湯船に入れない>>

衛生上の配慮として、タオルを湯舟の中には入れないようにしましょう。かけ湯と同様で、たとえ新品のタオルであっても湯舟に入れることは禁止されています。
それから、バスタオルを巻いて入ったり、水着を着て入ったりすることももちろん禁止です。テレビなどではタオルを巻いたまま入ったりするのは撮影のためですので真似しないようにしましょう。

タオル

浴槽内にタオルは持ち込まない

 

<<湯槽(口)の温泉で顔や歯を洗わない>>

一緒に入っている人も他人の顔を洗ったお湯に浸かっていると思うといい気持ちにはなれません。

<<お湯が熱いからといって水を足さない>>

温泉はあなた一人のお風呂ではありません。
そこで、他に入ってる方がいる湯船に、自分にとっては熱いからいう理由から、水を勝手に足してはいけません。

<<髪を湯船に入れない>>
<<許可なく写真を撮らない>>
<<騒がない>>

 

<温泉から脱衣場に上がるときのマナー>

 

<<お風呂の扉はしっかりと閉める>>

温泉から上がる前には、使った桶や椅子、シャンプーなどを元の位置に戻しておく。次に使う人のことを考えて、使い終わったら水で流して綺麗にしておくことも基本的なマナーです。
それから自分で使い切りのシャンプーなどを持ち込む場合にも、ゴミはきちんと片づけましょう。

<<脱衣場に入る前に体を拭く>>

温泉から上がって脱衣所に移動するときには、移動する前にしっかりと体を拭くことが大切です。濡れたまま水をポタポタ垂らしながら移動すると、脱衣所の床がびしょびしょになってしまいますので、これも必ず守らなくてはいけないマナーの一つです。

タオルでふく

入浴マナー浴室から出る時タオルで拭き取って

 

<その他の温泉マナー>

<<女性の生理時マナー>>
<<子連れで行くときのマナー>>

このようにまだ他にもたくさんあります。温泉はみんなのものですから、一人一人がマナーを守って、お互いに気持ちよく利用しよう。

<まとめ>

●温泉に入る前には、かけ湯はしよう。
温泉から上がって脱衣場に入る前に、手ぬぐいでざっと体の水分を拭きとろう。

関連記事一覧

  1. 秋の温泉
  2. ラドン温泉2
  3. 富士山/登山

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

最近の記事

  1. 炭酸水素塩泉
  2. ラドン温泉浴室BLOG
  3. ホルミシス効果とは
PAGE TOP
Translate »