医学の温泉

足や筋肉の疲れは日帰り温泉で癒やせる

足湯
Pocket

観光で歩き過ぎて足の疲れをやけに感じる時もあるでしょう。そんな時は、旅館や日帰り温泉に浸かってみては? 旅行の時に入る温泉には、リラックス効果がかなりプラスされるので、すぐ温浴効果が得られるでしょう。

単純温泉とは?

足の疲れなどに効果があるといわれる泉質の1つめは、単純温泉です。日本でも一番多い泉質なので、比較的簡単にはいれる温泉でしょう。成分が単純な温泉と誤解されますが、実際には温泉法によって定められている温泉の成分が多く含まれていないという意味です。「温泉水1kg中の溶存物質の含有量が1g未満の温泉が該当する。含有成分量が少ないことにより、刺激が少なく肌にやさしい。概ね無色透明で無味無臭。」とあり子供や高齢者の方などでも気楽に入れます。

2つめの塩化物泉

塩化物泉はいわば食塩が温泉水の中に含まれているような状態ですので、食塩・ナトリウムの特徴が強く反映される温泉です。 塩分は皮膚に付着すると汗の蒸発を防ぐため、保温効果が高く湯冷めしにくいことで知られています。 よく温まり、湯冷めもしにくいという性質から「熱の湯」とも呼ばれています。また塩化物泉には、副交感神経を優位にして心身をリラックスさせる作用があるので、ストレスの解消効果もあります。

 

3つめの硫酸塩泉

硫酸塩泉 含有成分により、カルシウム硫酸塩泉(石膏泉)、ナトリウム硫酸塩泉(芒硝泉)、マグネシウム硫酸塩泉(正苦味泉)に分かれます。 … 「正苦味(くみ)泉」は、浴用・飲用ともに他の硫酸塩泉と同じ効果があり、特に高血圧症の血圧を降下させ、 脳卒中後の麻痺を改善し、動脈硬化予防の効果は明らかです。 無色透明無臭。
この中のカルシウム硫酸塩泉、含まれているカルシウムには鎮静効果が高いので、打ち身、捻挫、切り傷などに良い傷の湯とも呼ばれています。無色透明なお湯であることが多いですが、焦げたような匂いがすることもあります。

 

この他の泉質の温泉でものんびりお湯に浸かれば、心身ともに癒されるのが温泉です。成分により独特の効果も非常にあり、どんな温泉があるのかなどを調べておくと良いでしょう。

 

関連記事一覧

  1. ラドン温泉浴室BLOG
  2. ラドン温泉2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

最近の記事

  1. 炭酸水素塩泉
  2. ラドン温泉浴室BLOG
  3. ホルミシス効果とは
PAGE TOP
Translate »