医学の温泉

温泉の温度による入浴時間

Pocket

温泉はとても体に良いものですが、あまりに長く入りすぎると逆に体を壊してしまうことになりかねません。ここではどれくらいの入浴時間が適度かを説明していきます。

温泉の温度は場所によって様々ですが、基本的に39から42度ほどです。39度であるならばそれほど高い温度ではないので15分程度入っていても問題ないとされています。42度だと結構な高温なので、3分程度にしておいた方が無難です。

入浴する際のお湯の温度は人間の自律神経に影響を与えるといわれており、40度以上で交感神経が優位になり、40度未満で副交感神経が優位になります。なので眠気を覚ましたい時や気合を入れたい時などは交感神経を優位にする為に40度以上の熱い湯に入り、眠りたい時やリラックスしたい時などは副交感神経を優位にする為に40度未満のお湯に入るのが有効です。

また、温泉に入浴時間はお湯のpH値にも影響します。pH値が1から3ほどの強めの酸性のお湯や、9以上の強めのアルカリ性のお湯の場合は薬理効果が強くあまり長時間入らない方がよいケースが多いため、あまり長時間入浴しない方がいい場合があります。温泉に入る前には温度だけでなくそういったことにも気をつけましょう。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

最近の記事

  1. 炭酸水素塩泉
  2. ラドン温泉浴室BLOG
PAGE TOP
Translate »