医学の温泉

温泉のメカニズムってどうなってる?

Pocket

効能によっては万病に効くと言われる温泉ですが、そもそもどういうメカニズムとなっているのでしょうか。

火山性温泉

まず、数種類のタイプがあり、最も一般的に知られているのが火山性のものです。
火山地帯ではマグマが溜まっており、マグマが地中にある地下水を温め、地表に湧き出たものを火山性温泉と言い、マグマや地中の成分がお湯の中に入っている効能として形成されます。
また、地面は地下になればなる程、温度が上昇します。

非火山性温泉

地熱によって温められた地下水が適度な温度となったものを非火山性、或いは深層地下水型とも言います。非火山性のものは化石海水型という、海水の成分によるものもあります。
これらは自然に出来たものですが、その他にも現在の法律では、規定された成分が一定の量を超える場合、温泉というカテゴリーに組み込まれますので、地面から湧き出たもので尚且つ上記成分量を超える場合、それは法律上温泉という扱いとなります。

つまりは、大きく分けると火山性のものとそうでないものとで分かれますが、法律では成分量の問題さえクリアすれば、どれだけの効能があろうとなかろうと、それは温泉というカテゴリーに分別されます。
以上がメカニズムとしての内容となります。

関連記事一覧

  1. ラドン温泉2
  2. 登山の疲れ
  3. 石灰華段丘

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

最近の記事

  1. 炭酸水素塩泉
  2. ラドン温泉浴室BLOG
PAGE TOP
Translate »