医学の温泉

いろいろな入浴方法

Pocket

ひと口に入浴として挙げられる方法ですが、様々あります。
日本人には馴染みの深い温泉についても、全身浴、部分浴などがありますし、また男女問わずにサウナに通うやりかたもあります。

自分が心地よい入浴がベスト

入浴の目的ですが、リラックスして、疲れをとることが重要であると思っていらっしゃる方が大半です。
また、ある人にとってはサウナの全身浴はダイエット効果が期待できると確信していらっしゃる方も多いです。
このように入浴方法については、個人々に適したやり方を見つければよいわけです。
人によっては温泉に出かけて、高温の湯に浸ることが健康によいと考えていらっしゃる方もいますし、また町の銭湯のほうが気楽で、安上がりだと思っていらっしゃる方もいます。

いずれにしましても、入浴する際の湯の温度についてですが、熱すぎないように、またあまりにぬるくならないように心がける必要があります。
このことは適度な湯の温度で血行を良くする効果、疲労回復の効果を得るようにしなければならないからです。
温泉地を訪れる方は、その温泉がどのような効き目があるかを、あらかじめ旅行案内やホームぺージで確認することが大切になります。
特に女性や高齢者にとっては温泉情報は役立つことは間違いないです。

関連記事一覧

  1. 温泉入浴心得
  2. ラドン温泉2

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

最近の記事

  1. 石灰華段丘
  2. 温泉入浴心得
  3. 登山の疲れ
  4. 富士山/登山
  5. 足湯
PAGE TOP
Translate »