医学の温泉

入浴するときに気をつけること


温泉に入るときには注意をしなければいけないポイントがあります。
今回はそのポイントをご紹介していきます。

入浴する前

①食事をする直前と直後、さらに飲酒の後の入浴は避けてください。特に酩酊をしているときには絶対に入浴をしないこと。
②入浴をするだけでも体力は使いますので、あまりにも疲労している時には休息すること。
③子どもや高齢者、身体の不自由な方は1人での入浴は安全のために避けること。
④入浴するためには身体を洗い流し、身体の末端の手足からかけ湯をして温度になること。
⑤入浴時に脱水症状にならないために、入浴前にコップ1杯程度の水分は摂取しておくこと。

入浴の仕方

・入浴時間
入浴する温度によって異なりますが、初めは3~10分程度として、問題がなさそうであれば15~20分程度まで入浴をしてもいい。
・入浴回数
最初は1日あたり1~2回として、長期間1~2回に慣れましたら2~3回まで増やしても問題なし。
・入浴形態
心肺機能が衰えていると感じる方は半身浴をすることがおすすめ。
・入浴温度
高血圧症や心臓病、脳卒中を経験したことがある方は高温浴(42℃以上)を避けること。

入浴中に関して

①一般的に静かに入浴をして、大きく動かずに他の入浴者に迷惑をかけないようにすること。
②浴槽から上がる場合には、いきなり立ち上がって立ちくらみをしないようにゆっくり動くこと。
③気分が悪くなったり、めまいがおきた場合は近くの人に助けを求めること。さらに浴槽からゆっくりと出てから横になって体調が良くなることを待つ。

入浴した後

①身体にまとっている温泉成分は水分で洗い流すことはせずに、簡単にタオルで拭き取る程度にとどめておく。その後は着衣しまして30分程度は安静にすること。
②入浴中は汗をかいておりますので脱水症状を防ぐために、コップ一杯程度の水分を摂取すること。

その他

浴槽水は清潔な状態を維持するためにタオルを入れないこと。

関連記事一覧

  1. ラドン温泉お知らせ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセス

車でお越しの方
新宿-(中央高速90分)-甲府昭和IC-(R20号韮崎方面3分)-竜王 湯~とぴあ
名古屋-(中央高速3時間30分)-甲府昭和IC-(R20号3分)-竜王  湯~とぴあ

電車でお越しの方
新宿駅-(中央本線特急1時間30分)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ
富士駅-(身延線3時間)-甲府駅-(普通列車1分)-竜王駅-(徒歩8分)-湯~とぴあ

アクセスページへ

〒400-0113
山梨県甲斐市富竹新田1300-1
株式会社 湯~とぴあ
TEL 055-276-9111
FAX 055-276-9999

PAGE TOP
Translate »